年末ジャンボ

2021年末ジャンボミニの確率は?どっちを買うべき?!買い方や発売日も解説

この記事では2021年の年末ジャンボ宝くじミニの確率やどっちを買ったほうが良いのかについてまとめます。

今年も近づいて来ちゃいましたよ!ね!そう。年末ジャンボ宝くじ。

浮き足立っちゃって仕事になんないっすよ〜。

この記事ではそんな真冬の風物詩でもある年末ジャンボ宝くじの「姉妹くじ」

年末ジャンボミニについて徹底解説しちゃいますからね!

くじ子
ミニ?

はい。

名称に「ミニ」がついてしまうと、なんとなく「そんなちいせえの買わねーよ…。」なんて思ってしまうかもしれませんが…

侮るなかれ。ジツは筆者が個人的に猛烈プッシュしたいのは通常の年末ジャンボではなくこちらの「年末ジャンボミニ」なんです。

何と言っても当選確率がぜんぜん違いますからね。

その金額に目がくらんで10億円を夢見るより、手堅く「ミニ」を狙ったほうがぜったい良いと思います。

2021年こそ年末ジャンボミニをぜったいに当てちゃいましょう!

年末ジャンボはミニを買え!

行く年最後の運試し「年末ジャンボ宝くじ」…。

真冬の風物詩とも言えるジャンボ宝くじですが、買うからには何とか当てたいのがニンゲンのサガ。

しかしさすがに以前の記事で解説したように「当選確率2,000万分の1」などという「途方もない確率」ですと買うこと自体さえも諦めたくなってしまいます。

うん

しかし、年末ジャンボミニでしたら、その当選確率は通常の年末ジャンボのなんと8倍です。

くじ子
8倍!!

 

しかし、もちろん当選金額自体は圧倒的に少なくなります。

くじ子
ミニの当選金っていくらなの?

 

はい。年末ジャンボミニの1等前後賞を併せた当選金額は

5,000万円です。

ニンゲンの欲というのは果てしないもの。

普通に考えればミニの5,000万円より通常の年末ジャンボの10億円のほうが魅力的です。

しかしそこを「グッ」とこらえましょう。

まじで当選を狙うなら「欲を出しすぎない」ように心がけることがポイントですよ。

 

10億円なんて破壊的な金額と比べるから5,000万円が小さく感じますが、

私たちの日常において「5千万円」というのもかなりの金額のはずですよ。

くじ子
たしかに…!

 

あまり高額すぎる当選金を手にすると、そのお金を湯水の如く垂れ流して破滅に向かってしまう人も相当数いるそうです。

しかし5,000万円くらいでしたら、その使い道も明確に決めることが出来そうではないですか?

自宅のローンを完済してしまうとか、老後に備えるとか。

どうです?

狙うべきものが見えてきたのではないでしょうか。

くじ子
わたし「ミニ」にしよ〜…!

年末ジャンボミニの購入価格

年末ジャンボに限らず、サマージャンボやドリームジャンボなど、「ジャンボ系」の宝くじはすべて1口300円です。

では「年末ジャンボミニ」の購入金額はいくらなのでしょうか。

くじ子
ん?やっぱりかなり安いはずよね?

 

いえ。「ミニ」とつくので安いかと思われるかもしれませんが、年末ジャンボミニの購入金額はいわゆる「ジャンボ系」と同じく「1口300円」です。

くじ子
えーっ!!高くない!?

値段は一緒で賞金が少ないなんてメリット無いじゃんと思うかもしれません。

そうですね。そんなふうに思ってしまうのも無理ありません。

しかしここからが話のキモになります。

年末ジャンボミニは脅威の当選確率!

年末ジャンボミニの破格のメリットはその「当選確率」にあります。

年末ジャンボミニの1等賞金は「5,000万円(前後賞を併せて)です。

また、今年の年末ジャンボミニの発行ユニット数は「18ユニット」を予定していて「1ユニット/1,000万枚」となっています。

そして1ユニットあたりの1等本数は「4本」です。

つまり合計で72本もの「1等」が用意されていることになります。

くじ子
ってことは「1,000万分の4」の確率で1等が当たるってこと!?

 

そうなんです。凄いですよね。

およそ「250万分の1」の確率です。

なんか当たりそうじゃないですか?

 

通常の年末ジャンボ宝くじの当選確率は「2,000万分の1」ですから、

この「年末ジャンボミニ」は、前述の通り8倍も当選確率が上昇することになるわけなんです。

たしかに1等賞金は通常のジャンボに比べれば少ないですが、高額当選出来る確率がここまで拡がった(高まった)のはかなり凄いですよね。

平たく言えば「高額当選が現実的になった」ということです。

ちなみに「2等賞金」は100万円となっていて、こちらは1ユニットあたり1,800本も入っているそうです。

これなんて本当に当たる気がしますよね。笑

 

その他の等級の賞金金額や本数、当選確率は一覧で確認してみてくださいね。(2019年販売分)

  • 販売期間:2019年11月20日(水)〜2019年12月21日(土)
  • 抽選日:2019年12月31日(大晦日)
  • 販売価格:300円

※抽選結果はみずほ銀行公式サイトに掲載されます。

等級当選金額本数当選確率
1等 3,000万円 72本 1/250万
1等の前後賞 1,000万円 144本 1/125万
2等 100万円 1,800本 1/10万
3等 10万円 54,000本 およそ1/3,333
4等 1万円 54万本 およそ1/333
5等 3,000円 180万本 1/100
6等 300円 1,800万本 1/10

※18ユニット販売の場合(1ユニット/1000万枚)

くじ子
すごーい!!

 

これなら本当に当たる気がしますし、250万人にひとりが3千万長者はちょっとシビれますよね!

このとおり年末ジャンボミニの当選確率は、年末ジャンボの8倍も高いわけなんです!

くじ子
わたしもついに当たっちゃうのかしら!笑

 

しかしデフォルトでこれだけ当選確率が高い宝くじを、さらに「天赦日」「一粒万倍日」などの「吉日」に購入したり、高額当選の多い宝くじ売り場で購入したりすれば、本当に今年こそ当選してしまうような気がしてしまいますよね!

年末ジャンボミニの確率は!?2021年こそ当てる!!買い方や発売日も詳しく解説!! まとめ

いかがでしたか?

年末ジャンボミニ、当たりそうじゃないですか?

くじ子
わたしぜったい買うよ!

あなたもぜひ「5,000万長者」を目指してみてくださいね♪

最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

くじ子

三度の飯より宝くじと手相占いが好きな女です。高額当選を目指して日々宝くじを研究しています。※宝くじの購入は自己責任です。無理のない範囲での継続が一番楽しめますよ!

-年末ジャンボ