オカピ

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

お盆も処暑も過ぎて、今年の8月も残り1週間となった昨日…。

前日の天気予報も久しぶりに晴れマークでしたので「たまにはどっか行きましょうか…。」ということで奥さん連れて久しぶりに遠足に行ってきました。

たまには外に出ないとね!
せぶ
んにゃ…。
ナナ
ごろごろ…。

 

管理人プロフィールにも書いてあるとおり、筆者は本当にめったにお出かけしないんです。そもそも出勤という行動が無いので、その気にならないと平気で2週間とか外出しないんですね。

特に今年は8月に入ってからというもの、東京はず〜…っと雨や曇りでしたからね。その出不精に拍車が掛かってしまい自宅の作業部屋と寝室を行き来するだけの毎日だったわけです。

そんな「超」運動不足の筆者ですので、どうせお出かけするのでしたら「しっかりウォーキングしたい!」「運動不足を解消したい!」ということで広大な敷地が自慢の「よこはま動物園ズーラシア」に白羽の矢が立ったわけです。(鎌倉ウォーキングなども候補に挙がったのですが、どうせ呑んで食って「疲れたから帰ろう」になるのがオチということで却下になりました。)

詳しくは後述しますが、このズーラシアは本当に広いですよ。ちょっとビックリしました。筆者のように運動不足でウォーキングしたいという方には最適です。可愛くてめずらしい動物たちもたくさん居ますしね。

今日はそんな「よこはま動物園ズーラシア」についてツラツラと書いていきたいと思います。これから行こうと考えていらっしゃる方は是非参考にしてみてください。

それではさっそく行ってみましょう。

レッツ、ズーラシア!!


スポンサーリンク

ズーラシア良いとこ一度はおいで

ズーラシア入り口

 

横浜駅から「相鉄線」という電車に乗り込み「鶴ヶ峰駅」というところで下車し、そこからさらにバスで15分?程度で「ズーラシア」に到着します。

(外出に不慣れと言いますか、そもそも公共交通機関に乗ることがほぼ無い筆者にとってはかなりの非現実空間でしたが、乗り慣れている人にとってはこの程度は大したことがないようです…。)

鶴ヶ峰駅から乗るバスの終点が「よこはま動物園前」ですのですごくわかりやすいと思います。

到着すると目の前が入場ゲートになってますのでチケットを購入して入場します。(事前に「passMe!」というチケットの割引サイトで購入しておくと、チケット購入の列に並ばなくて済みますし代金も1割引になります。通常料金は大人800円、子供200円、小学生以下は無料になります。)

 

ズーラシアマップ

 

さて、上図が園内マップになりますが、広大な園内は「アジアの熱帯林」や「オセアニアの草原」、「アマゾンの密林」「アフリカのサバンナ」など様々なスポットに分かれていて、動物たちもそのスポットに実際に生息する動物が上手に配置されています。(例えば「オセアニアの草原」にはカンガルーが居たりということです。暑さでダラ〜ンとしてましたが。笑)

また、前述の通り「ズーラシア」は本当に広くて、それほど動物たちと触れ合わずに「スタスタ」と回ったとしても大人の足で2時間〜2時間半程度はかかると思います。

筆者たちは途中でちょこちょこと休憩を挟んだり動物たちを観察したりしながら回りましたので3時間半くらい?かかったはずです。

 

入場して少し歩くとまさかの「フレッシュネスバーガー」出現です。笑

もちろん「ズーラシアバーガー」を食べましたが、写真を撮り忘れました…。

夏空の下で呑むコイツはもちろん最高です。

さて、しっかりパワーチャージしましたので、しっかりとウォーキングしたいと思います。

ズーラシアには様々な動物たちが仲良く暮らしてます

ぞうさん

ぞう

まずは動物園の定番「ぞうさん」ですね。気持ちよさそうに水浴びしてました。ぞうさんってあんまり体毛が無いみたいで、皮膚を守るために自分で背中とかに砂をかけるのでこんな灰色なんだそうです。

手前の子は肌色ですよね?じゃぶじゃぶ水浴びするとこうやって本当の色が見えてくるんですね。知らなかったー。

 

オカピ

オカピアップ

この子が、かの有名な「オカピ」ですね。葉っぱをムシャムシャはむはむ食べててめっちゃ可愛かったですよ。すごく大人しそうな印象で、顔はキリンさんとそっくりなんですね。

キリン+馬=オカピって感じなのでしょうか?

たぶんお盆休みとかですと、この子を観るのに大行列なのでしょうけど夏休み期間中とはいえ「ド平日」でしたので一番前でゆ〜っくり観ることが出来ました。

 

ミーアキャット

ミーアキャット

ミーアキャットって思ってたより小さかったです。普通の猫くらいの大きさを想像してましたのでちょっとビックリ。

いわゆる「手のひらサイズ」なんですね。

うまく撮影は出来ませんでしたが、後ろ足でふつうに立ち上がるんですよ。10頭くらいが仲良く暮らしていますが何しろ真夏日でしたので皆様木陰で休まれてました。

 

キリンとシマウマ

きりん

「アフリカのサバンナ」というだだっ広いところでは優雅にキリンさんとシマウマさんがお食事をされてました。

同じスペースの中に肉食のチーターが居るらしいのですが、この日は居なかったですねー。ちゃんと仲良く出来るのでしょうか…。

ついつい写真を撮り忘れてしまうので、これしか紹介できませんが他にも本当にたくさんの動物たちが暮らしてるんですよ。

ライオンやヒョウはもちろん、様々な鳥たちやおサルさんなどまさに「動物園」でした。(当たり前か…。笑)

 


スポンサーリンク

ズーラシアはとっても衛生的で草木の手入れも行き届いてます

ズーラシアに行ってみて何しろ印象的だったのはその衛生面です。

もちろん敷地面積が違うので他の動物園と単純比較は出来ませんが、ズーラシアはどこのエリアに行っても独特のニオイなどは一切ありませんし非常に清潔です。

これは私たち来園者にとっても良いことですが、何しろそこで暮らす動物たちにとって良いことですよね。

また、こちらのズーラシアは凄く緑が豊かな動物園なのですが、私たちが歩く道などは雑草っぽい雑草がほとんど生えてないんですよね。きちんと手入れをされているのがよくわかりました。運営者さんは相当なこだわりを持っているのでしょうね。ここまで徹底するのにはかなりのご苦労があると思いますよ。

当然、ゴミなんてひとつも落ちてませんでした。

ズーラシア園内

まとめ ズーラシアはまた行きたくなる動物園

さて、「よこはま動物園ズーラシア」についていろいろとお話してきましたが、総括としては「また行きたくなる動物園」という感想になります。

「こだわりがある」って良いですよね。これはもちろん動物園に限ったことではありませんが、単純に感動しちゃうんですよね。ステキだなって思っちゃうんです。

本当にまた行きたいなって思いますし、友達にも自信を持ってお薦め出来ます。もちろんこういったブログでも紹介したくなっちゃいますしね。

この記事をご覧のあなたは「ズーラシアってどんな感じなの?」と思って検索したはずですよね。

はっきり言いましょう。

「ズーラシア」めっちゃ良いですよ!是非行ってみてください。

トイレもたっくさん設置されてますし、子供用の遊具も充実してますのでご家族連れでも安心して楽しむことが出来ますよ!

筆者も、また紅葉の時期や春先なんかに行ってみようと思ってます。

ではまた^^

 

トップページ

data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"
data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"