クリスマスリース

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

今日はクリスマスについてお話です。

クリスマスといえばその年最大のメインイベントと言っても過言ではないですよね。

もちろん私たち大人にとっても大きなイベントなのですが、とりわけ子供にとってのクリスマスの価値というのは本当に大きいものがあります。

そんな可愛い子供たちに「クリスマスって何の日なの?」と聞かれたときには、子供の夢を壊さないように上手にお話してあげたいものですよね。

ちなみに筆者は12月の上旬生まれですので、子供の頃はこの時期が大好きでした。「お誕生日」「クリスマス」「お正月(お年玉)」という3大イベントがこの1ヶ月に集中しているわけですからね。笑

楽しい1ヶ月ね!
せぶ
ごろごろ…。
ナナ
…。

 

さて、そのクリスマス。正しい意味由来はご存じですか?

ん〜…。キリストのお誕生日?

 

そうですね。一般的にはそういう認識になっていますが実際には少し違います。

せっかくですのでまずは大人が知っておくべきクリスマスの由来をお話して、つづけて子供に説明するポイントをお話していきたいと思います。

それではさっそく行ってみましょう。

レッツ、クリスマスっ!!


スポンサーリンク

クリスマスの由来【大人編】

子供たちにクリスマスの由来や意味を教えてあげるためには、まずは私たち大人が正しく理解していることが大切ですよね。

正しく理解した上で、それを噛み砕いて且つ、夢を壊さないように説明してあげてください。

さて、クリスマスといえば「キリストの誕生日」と覚えている人が大多数だと思います。しかしあの有名な「新約聖書」にさえもイエス・キリストの誕生日については明確な記述が無いんです。

そうなのっ!?

 

はい。ジツはそうなんですね。

ただし、「クリスマス」を英語で書くと「Christmas」ですので「クリスマス」に「キリスト」が関係してるのはおそらく間違いなさそうです。

※Christ(キリスト)+mas(ミサ、礼拝)という意味です。

新約聖書にも記述がありませんし、今から2000年以上も前のことについて詳細に記載されている文献なども残っているわけもありませんから、12月25日がイエス・キリストの誕生日であるという明確な証拠は存在しないんです。(そもそもキリスト自体が存在しなかったという学者もいます。)

つまり現代において言われている「クリスマスはキリストの誕生日」というのは「後付け」の可能性が高いんです。

後付けなんだ…。

 

その可能性が高いようです。

西洋、特に古代ローマ帝国においてはキリスト教が誕生する前から、「冬至」の日には「太陽神の誕生祭」が行われていました。

どういうことかと言いますと、「冬至」というのは「1年の中で昼間が最も短くなる日」のことですよね。これは言い換えれば「冬至を境にそれ以降は昼間の時間が長くなる」ということなんです。

つまり当時の人は「力が弱まってしまった太陽が徐々に蘇る」と考えたわけです。

当時のローマ帝国において、この太陽神を崇める人々(教徒)の勢力というのは凄まじいものがあり、彼らは12月25日を「太陽神を祀る祭日」としていました。

その太陽神を崇める人々との「無用な対立」や「摩擦」、「軋轢」を起こさずに、キリスト教を広めたい初代キリスト教の指導者たちは、12月25日を「クリスマス(キリストの降誕祭)」と定め「あなたたちと私たちが信じるものは同じではないですか?」と「キリスト教」を異教徒が受け入れやすいようにしていったんです。

そうなんだ!?

 

これはイエス・キリストが「世の光」と言われて信仰の対象になっていたことと、太陽神を崇める人々の「冬至を境にして、力が弱まってしまった太陽が徐々に蘇る」というものが、キリスト教の教えでもある「キリストの降臨によって古い世界が終わりを迎え、希望に満ちた新しい世界が訪れる」という信仰と合わさりやすかったために起きたということのようです。

※諸説あります

クリスマスとサンタクロースの関係

サンタクロース

クリスマスの由来がわかったところで、もうひとつの気になる点である「サンタクロース」についても解説しておきます。

サンタさん!気になる!そういえば今まで一回も登場してないわね!

 

気になりますよね。特に子供たちにとってはここが一番重要ポイントですし、クリスマスと言えばサンタクロースですもんね。

現代におけるサンタクロースのモデルと言われているのは「聖ニコラオス」という、後に「ミラ」という古代都市でキリスト教の大主教(カトリック教会の大司教にあたる)になった人です。(3世紀ころの古代ローマ帝国時代に生まれた人です)

ニコラオスがまだ司祭(主教の下位)のころ、貧しい一家に生まれた娘のために何か出来ないか、何か出来ることは無いかと考えていました。

思い立ったニコラオスは、その家の煙突から金貨を投げ入れ、その金貨がたまたま干していた靴下に入ったんですね。2回目、3回目と投げ入れた際にその家の主人に見つかり、主人は涙を流して感謝したそうです。

わーっ!サンタさんの由来っぽい!

 

ですよね。笑

ちなみに「サンタクロース」という名前は「セント(聖)・ニコラオス」が訛ったものなんだそうですよ。

 


スポンサーリンク

クリスマスを子供に教えてあげよう

ここまでクリスマスの由来をお話してきましたが、やはり子供には少し難しすぎますのでわかりやすく教えてあげたいですよね。

子供に「クリスマスって何の日なの?」と聞かれた場合はこんなふうに答えてみてはどうでしょうか。

 

「むかしむかしね、遠い外国にキリストさんっていう神様がいたんだって。」

「クリスマスはその神様のお誕生日なの。その神様のおかげでお日様が起きてる時間が長くなったんだよ。」

「お日様が長く起きてるとお外でたくさん遊べるでしょ?だからみんなでお祝いするんだよ。」

「サンタさんは神様のお友達だから、神様のお誕生日をお祝いしてくれる優しい子や毎日良い子にしている子にプレゼントをくれるんだよ。」

「だから良い子にして待ってようね。」

 

多少強引ですが是非参考にしてみてください。笑

良いと思うよ!笑

 

他にもメリークリスマスの「メリー」や、トナカイのことなど、子供が興味を示してくれそうな逸話を楽しくお話しできるといいですよね。

大切なのはサンタクロースの正体を明かしてしまったり、「本当は居ないんだよ。」などと子供の夢を壊してしまうことは絶対に言わないということです。

クリスマスの意味や由来 まとめ

いかがでしたか?

本日は「クリスマスの意味や由来|子供にもわかるように優しく教えてあげて!」と銘打ち、クリスマスの由来やサンタクロース、また子供への説明についてお話してきました。

意外と知らなかったお話もあったのではないでしょうか。

前述しましたが、クリスマスというのは子供たちにとってすごく重要なイベントです。

プレゼントにご馳走、クリスマスケーキに子供用のシャンパンなど思いっきり並べて、是非楽しいクリスマスイブを過ごしてくださいね。

ちなみに「イブ」というのは24日の日没から深夜24:00までのことだそうですよ。

ではまた^^

 

 

【イルミネーションの関連記事】

東京のイルミネーション!定番&穴場スポット完全攻略ガイド!

ミッドタウンイルミネーション|点灯時間、期間、混雑状況まとめ

けやき坂イルミネーション|点灯時間や期間、混雑回避方法まとめ

丸の内イルミネーション|開催場所、アクセス、混雑状況まとめ

恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション|日程、点灯時間、場所まとめ

カレッタ汐留イルミネーション!時間と場所&混雑回避マニュアル

お台場イルミネーション|今年も真冬の花火とイルミのコラボ!

表参道イルミネーションに感動せよ!開催期間やアクセス、混雑状況

中目黒イルミネーションはもう観たか!?開催時間と混雑状況

横浜赤レンガ倉庫イルミネーションの開催期間や混雑状況まとめ

よみうりランドイルミネーション!開始日程と開催期間、混雑は何曜日?

昭和記念公園イルミネーション|屋台の出店状況と花火期間は?

 

【クリスマスの関連記事】

クリスマスプレゼントの予算相場と選び方|僕の彼女は社会人編

大学生の彼女に渡すクリスマスプレゼントの予算相場と選び方

クリスマスプレゼントの予算相場と選び方|私の彼氏は社会人編

クリスマスデートは東京都内で昼から楽しむ!2017穴場スポット!

クリスマスの意味や由来|子供にもわかるように優しく教えてあげて! ←いまここ

サンタクロースに手紙を出そう!返事を貰うための「完全攻略ガイド」

クリスマスソング定番の名曲ベストテン|聖夜を彩る10曲はこれだ!

クリスマスパーティーを企画する!場所は!?料理は持ち寄りがラク!?

 

【クリスマスイベントの関連記事】

【日比谷】クリスマスマーケット2017!!食べ物屋台は!?混雑は!?子連れもOK!!

六本木クリスマスマーケット2017を満喫せよ!!食べ物情報も開催期間もアクセスも!!

横浜赤レンガ倉庫クリスマスマーケット2017!!粉雪舞い散るxmasを堪能せよ!!

 

トップページ

data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"
data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"