クリスマス

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

こないだハロウィンが終わったと思ったら、もうクリスマスですもんね。早いですねー。

日本人は本当にイベントが好きよね!
せぶ
んにゃ〜…。
ナナ
んにゃ…。

 

本当ですね。日本人のキリスト教徒は日本人全体の1%程度と言いますからね。筆者含めほとんどの人が無関係なのにワイワイとクリスマスで浮かれていることになります。なんとも楽しい風習ですね。笑

しかし…。

楽しい楽しいクリスマスを前に彼氏も彼女も悩んでしまってることがあるはずですよね?

あります…。すっごい悩んでます…。

 

はい。「クリスマスプレゼントの予算」「何をプレゼントするか」ですね。

特に付き合いたてで、ましてや「社会人の彼氏」に初のクリスマスプレゼントを渡そうとしている人はその予算と内容に頭を悩ませているはずです。

「喜んではもらいたいけど、いったいどうすればいいのか…?」

「あんまり高すぎるものは買えないし…。」

「そもそも予算の相場ってどれくらいなんだろ…。」

あなた、こんな悩みで悶々としてませんか?

大丈夫ですよ。今日はそんなあなたのために社会人の彼氏のためのクリスマスプレゼントの予算相場や選び方を詳しく紹介していきますからね。

是非この記事を参考にして頂いて、彼氏との楽しいクリスマスを過ごして下さい!

それではさっそく行ってみましょう。

レッツ、クリスマスプレゼント!!


スポンサーリンク

彼氏が社会人の場合のクリスマスプレゼント予算相場は?

彼氏が社会人として自立している場合のクリスマスプレゼントの予算は15,000円〜20,000円程度と考えてください。

(逆の場合は25,000円〜30,000円程度が相場と言われています。女性から男性に渡す場合は手作りのプレゼントということもありますので、結果として平均値が下がっているのかもしれません。)

ただしこの金額はあくまでも一般的な相場です。あなたに金銭的な余裕がそれほどなく、彼氏もそれを知っている場合はこの限りではありませんし、逆効果になってしまうこともありますので注意してください。(「お前、金使いが荒いな…。」と思われてしまうということです。)

それはたしかにありそうね…。

 

また「1年に1回だし、たまには奮発して高級品やブランド品でも買っちゃおうかな!」もやめたほうがいいです。

もちろん高級なものを貰えば彼氏は嬉しいかもしれませんが、あなた自身がつらくなってしまいますよ。

大切な彼氏と今回限りでお別れするつもりなんてもちろんありませんよね?ということは来年も再来年も同等の品、またはさらにランクを上げたものをプレゼントしなければならなくなります。

大好きな彼氏に喜んで貰いたいという気持ちはわかりますが、最初から財布が悲鳴を上げるような形をとってしまうと後が本当に大変です。

下手をするとクリスマス初め、お祝い事全般が嫌いになってしまいますよ。

そもそも彼氏は高級なものを望んでいるわけではありません。そんなものを欲しがる男は、あなたのことを本当の意味で大切に想ってないと思いますよ。

特に男性の場合は「クリスマスそのもの」を楽しむ傾向にあります。要は「クリスマス」や「クリスマスイブ」を「大切なあなたと一緒に仲良く過ごす」ということに重点を置いているんです。つまりプレゼントは「クリスマスの一部」なんですよ。(だからといって手抜きはダメですよ!)

だってどれだけ高価なプレゼントを貰ったとしても、一緒に居る時間がつまらなかったり退屈だったりしたら台無しですよね。

逆にプレゼントが細やかだったとしても、ふたりの思い出に刻まれる楽しい時間を過ごせたならそんなに素晴らしいクリスマスはないはずです。

その細やかなプレゼントを見るたびに楽しかったクリスマスを思い出すわけです。

ふたりのクリスマスをぜひ俯瞰して観てくださいね。全体像をイメージしてみてください。

クリスマスカードを忘れずに

忘れてはいけないのは「あなたのことが大切です。」という気持ちです。その気持ちをきちんと伝えてあげてください。

一番良いのは「手書きのクリスマスカード」です。

プレゼントの中にそっと入れておいてあげてください。

こういうのは、短文でぜんぜん大丈夫ですからね。例えば…。

「○○君と一緒に居られて毎日楽しいです。いつもどうもありがとね。」

これくらい短くて大丈夫です。

へたくそな字でもへたくそな文章でもぜんぜん平気です。丁寧に書いてあればOKです。

本当に思っていて普段は言えないことをストレートに書いて渡してあげてください。

絶対に喜びますよ。

彼氏が社会人の場合のクリスマスプレゼントは何がいい?

プレゼント

さて、実際にプレゼントする品についてです。

コレに関してはテキトーではいけません。プレゼントとは「相手が喜んでくれて初めてプレゼントの体を成すもの」と考えてください。

嬉しくもなんともないものを貰ったときに「嬉しいフリをしなければならない」というほど苦痛なことはありません。

平たく言えば「ありがた迷惑」ですね。

ここで邪魔なものは「サプライズ」という概念です。プレゼントにサプライズというものは一切必要ありません。サプライズはまた違う場面で使ってください。

クリスマスプレゼントは可能な金額内で、相手が貰って一番嬉しいものを渡すのが鉄則です。

ここは、何が欲しいのか思い切って聞いてしまうか、もしくは事前に彼氏を連れてウィンドウショッピングに出かけましょう。

「え〜…。初めからプレゼントするものがわかってるのつまんない…。」

なんて思います?

それ、大間違いです。

彼氏はクリスマス当日まで間違いなく「嬉しいな♪嬉しいな♪」と楽しい気分で毎日を過ごしてくれるはずですよ。「オレのこと、ちゃんと考えてくれてるんだな♪」と、とても楽しくて何物にも代えがたい気持ちになるはずです。

繰り返しますが、プレゼントとは相手を喜ばせてナンボです。

「こんなサプライズ考えちゃう私って可愛い♪」などという無意味な感情は捨ててくださいね。


スポンサーリンク

クリスマスプレゼント|私の彼氏は社会人編 まとめ

いかがでしたか?

本日は「クリスマスプレゼントの予算相場と選び方2017|私の彼氏は社会人編」と銘打ち、社会人として自立している彼氏に渡すクリスマスプレゼントについてお話してきました。

本文内で何度も繰り返してますが、プレゼントというのは相手が喜んでくれて初めて成り立つものです。かならず受け手の気持ちになって考えてみてください。

きっと彼氏も今頃あなたのためにいろいろなことを考えてくれているはずですよ!

ぜひ楽しいクリスマスを、思い出に残るクリスマスを過ごしてくださいね!

ではまた^^

 

トップページ