はす

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

今日は「お彼岸」についてお話していきたいと思います。

「お彼岸」という言葉や「暑さ寒さも彼岸まで」なんていう慣用句は知ってても、その本当の意味や由来、お墓参りの時期や期間などを正しくご存じの方は意外と少ないのではないかと思います。

うーん…。たしかにボンヤリとしか知らないわ…。
せぶ
…?
ナナ
ゴロゴロ…。

 

今更なかなか聞けなかったりもしますしね。

前述の「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句の通り、「お彼岸」というのは年2回、季節の変わり目である春(3月)と秋(9月)に訪れます。

これは春分・秋分というのは「太陽が真東から登って真西に沈む」ことから西方極楽浄土の信仰と結びついたと考えられています。

ちなみに仏教信仰国の中で「お彼岸にお墓参り」をするという風習があるのは日本だけなんですよ。


スポンサーリンク

お彼岸っていつなの?

さて、ではさっそくお彼岸の時期や期間について掘り下げてみましょう。

まず前述の通り、お彼岸というのは年2回訪れるものです。

「春のお彼岸(春彼岸)」「秋のお彼岸(秋彼岸)」ですね。

春のお彼岸を単純に「彼岸」と呼ぶのに対して、秋のお彼岸を「後の(のちの)彼岸」と呼び分けることもあります。

一般的に、春分の日は「自然を讃え、生物を慈しむ」ためのものであり、秋分の日は「先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ」ためのものとされてます。

春のお彼岸は、春分の日を中日として、その前後3日間を併せた計7日間になります。

同様に秋のお彼岸も、秋分の日前後の7日間のことを指します。

お盆のお墓参りのように特別な準備やお飾りといった「これをしなくては!」というものは特に必要ないとされていますが、基本はご家族揃って行かれるのが良いと思います。

お墓参りをする日は、お彼岸の7日間でしたら「どの日でも良い」とされてはいますが、やはり中日(春分の日・秋分の日)に行かれる方が多いようです。祝日ですから行きやすいですしね。

 

2017年のお彼岸は…。

春彼岸:彼岸入り3月17日 中日3月20日(春分) 彼岸明け3月23日

秋彼岸:彼岸入り9月20日 中日9月23日(秋分) 彼岸明け9月26日

となります。

(※お彼岸(春分・秋分)は毎年変わります。)

そもそもどうしてお彼岸にお墓参りをするの?

そもそもどうしてお彼岸にお墓参りをするのかしら?

 

触りの部分だけ前述しましたが、春分と秋分は太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

(※詳しくは「秋分とは?2017年はいつ?|秋分の日の本当の意味って知ってる?」をご覧下さい。)

お彼岸にお墓参りに行く風習は、この太陽の位置ということに起因します。

仏教では、生死の海を渡って到達することの出来る悟りの世界を「彼岸(ひがん)」といい、その真反対に存在する迷いや煩悩に充ち満ちた世界(私たちが生きる世界)を「此岸(しがん)」といいます。

そして悟りの世界である彼岸は西に、私たちのいる此岸は東にあるとされています。

つまり、太陽が真東から昇り真西に沈む春分と秋分は彼岸と此岸が通じやすくなる時と考えられ、ご先祖様の供養をするようになったんです。


スポンサーリンク

お墓参りのお供え物はどんなもの?

お供え物はどんなものがいいのかしら…?やっぱりお花や食べもの?
せぶ
んにゃー!
ナナ
…。

 

君たちの時は、煮干しやカリカリだね。笑

お供え物に関しては厳しい縛りがあるわけではないので、個人が好きだったものなどをお供えしてあげると良いと思います。やっぱり喜んで欲しいですからね。

甘いものが好きだった人には甘いものを。ワインが好きだった方にはワインを、といった感じです。

ただ一般的にお供えするものは、やはりお花やお団子、春には「ぼたもち」秋には「おはぎ」などです。

お供え物は、故人が喜んでくれればどんなものでも構わないと思いますが、お墓のお掃除だけはきちんとやってあげたいですね。生ものなど傷んでしまうものは忘れずに持ち帰ってください。

あとは、数珠やお線香、ロウソクなども忘れずに持って行きましょう。

まとめ

いかがでしたか?

本日は「お彼岸」についてお話してきました。

ザックリとは意味や由来、お墓参りについてご理解頂けたのではないでしょうか。

ご先祖様を偲ぶのは大切なことです。面倒くさがらずに年に何度かはお墓を訪れてあげましょうね。

ではまた^^

 

トップページ

data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"
data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"