ドルコスト平均法

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

前回記事の「つみたてNISA(積立NISA)は初心者でも安心!!悪徳業者は参入不可!!」では「つみたてNISA」の基本的な情報やメリット・デメリットについて詳しくお話してきました。

しっかりと理解出来ましたか?

ばっちりよ!現行のNISAより年間投資金額の上限は少なくなったけど、運用期間が大幅に拡大されたから、トータルでみればより大きな資産を非課税で運用することが出来るようになったのよね!

 

おっ!すごい!ちゃんと理解出来てますね!

いろいろとわからないことが出てきたらまた読み返してみてくださいね。

さて本日は「つみたてNISA」を始める上で必ず必要になってくる知識である「ドルコスト平均法」について詳しく解説していきます。

またムズかしそうなヤツが出てきた…。
めめ
…。
せぶ
んにゃ…。
ナナ
…。

 

この「ドルコスト平均法」は名前こそ難しいですが(米国での名称をそのまま引き継いでしまっているため)内容に関してはそれほど難解なものではなく、ごく当たり前の理屈ですので安心してくださいね。

資産運用や投資の世界では「当たり前のことを当たり前にちゃんと理解しておくこと」がとても大切です。「今更聞けない」なんてことにならないように、初心者のうちにしっかりと覚えてしまいましょうね。

がんばります!

 

それではさっそく解説していきましょう。


スポンサーリンク

ドルコスト平均法って何だろう?

「ドルコスト平均法」とは「つみたてNISA」などの積立投資を行う際に「定額」で商品を購入し続けることにより、「定量」を購入するケースよりも「平均取得単価」を引き下げる効果がある投資方法のことです。

フーム…。

 

例えば、期間中の平均価格が100円の投資商品があるとします。

この場合、同じ商品を「毎月3万円投資する」のと「毎回300単位投資する」のでは、前者の「毎月3万円投資する」というほうが「平均取得価格」が下がるわけなんですね。

毎回「定額」を投資するということは「安いときにたくさん買い、高いときは控えめに買う」ということになりますので、結果的に平均取得価格が引き下げられるというわけなんです。

具体的にはこういうこと

実際に例を挙げてみましょう。

下表は半年間の平均価格が100円の投資商品を「ドルコスト平均法(毎月3万円)」「定量購入(毎月300単位)」で投資した場合の比較です。(わかりやすいように半年間での比較にし、敢えて行ったり来たりのジグザグな値動きにしてます。)

価格

(平均100円)

投資

(毎月3万円投資)

投資

(毎月300単位購入)

1月 90円 333.333333 300
2月 130円 230.769231 300
3月 80円 375 300
4月 110円 272.727272 300
5月 70円 428.571428 300
6月 120円 250 300
合計 1890.401264 1800

 

定額での投資(ドルコスト平均法)で毎月3万円ずつ投資をした場合、半年間で「1890.401264単位」の購入が出来てますよね。一方、定量での投資(毎月300単位)の場合は当然ですが「1800単位」しか購入出来ません。

その差は何と「90.401264単位」です。つまり平均価格の100円で計算すると18万円の投資で9,040円もの差が生じていることになります。

すごいっ!

どうして差が生じるの?

なぜ「ドルコスト平均法での投資」と「定量購入での投資」に差が生じるのでしょうか。

それは「ドルコスト平均法」での購入というのは「安いときはたくさん買い、高いときは購入を控える」という当たり前の戦略を「自動で」行っているからなんです。

上表の例のように平均価格が同一になる場合は「定量での購入」で投資し続けるよりも、「安いときにはたくさん買い、高いときは購入を控える」という作戦はとても有効で、特に相場が不安定で上下にジグザグする場合に力を発揮します。

ドルコスト平均法は万能なの?

まずハッキリしていることは「万能な投資法」などは存在しません。

したがってドルコスト平均法も当然ですが万能ではありませんし、あくまでも行ったり来たりの相場において「定量購入の投資をし続ける場合と比較すればオトク」ということです。

ドルコスト平均法が初心者にお勧めなワケ

投資というのは「恐怖との戦い」です。

例えば株式チャートには「人間の欲望」「人間の恐怖」が渦巻いています。

そんな中に初心者に毛が生えた程度の個人投資家が俄知識(にわかちしき)に頼って参入すればどうなってしまうかは明白です。

また相場を100%読みきるなど、どんな専門家でも不可能です。そんな中で私たちがピンポイントで売買を行うなど一万円札で紙飛行機を作ってヒラヒラと飛ばし続けるようなものです。

…!

 

コワいですよね。でも安心してください。

ドルコスト平均法というのは「相場判断」自体を行いませんので、このような不安や恐怖を和らげてくれる効果もあるんです。

ドルコスト平均法によって積立投資を行うというのは、こうした「相場判断」を自ら行わず機械的に投資出来るというのが強みなんですね。

そしてこの「ドルコスト平均法」での投資を行うためには「定額で投資が出来る」というのが条件になります。これに一番向いているのが投資信託なわけです。


スポンサーリンク

ドルコスト平均法 まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は「つみたてNISA(積立NISA)を始める前にドルコスト平均法を理解せよ!!」と銘打ち、ドルコスト平均法の基礎知識について解説してきました。

多少ややこしい部分もあったかもしれませんが、大枠はご理解頂けたのではないでしょうか。

「つみたてNISA」を活用していく上でこのドルコスト平均法の知識は必須です。

わからなくなってしまったら是非何度も読み返してみてくださいね。

ではまた^^

 

【NISA関連記事】

NISAとは!?今更聞けない仕組みやメリットをわかりやすく解説!!

NISAにだってデメリットはある!!特徴を理解して老後資金をドンドン増やそう!!

つみたてNISA(積立NISA)は初心者でも安心!!悪徳業者は参入不可!! 

つみたてNISA(積立NISA)を始める前にドルコスト平均法を理解せよ!! ←いまここ

今更聞けないジュニアNISA!!メリット・デメリットを詳しく解説!!

 

【最強節税術イデコ(iDeCo)の関連記事】

今すぐイデコ(iDeCo)を始めよ!驚愕のメリットは6つ!自分の老後は自分で守れ!

イデコ(iDeCo)でオトクに節税!現在考え得る最強の節税術はこれだ!

イデコ(iDeCo)|メリットがあればデメリットもある!イデコの特徴を知って賢く資産運用!

専業主婦やパート主婦がイデコに加入!?最低限これだけは理解せよ!

公務員の年金も安泰じゃない!!「iDeCo(イデコ)」を賢く使って老後に備えよ!

 

【投資の関連記事】

セゾン投信で老後破産を回避せよ!現実を直視して絶対1億円貯める!

複利と単利は何が違う!?日本人の70%が知らない複利を理解し老後資金を作り出せ!!

投資初心者は迷わず節税を勉強せよ!!節税は大きな複利効果を生む!!

 

トップページ