名古屋城

スポンサーリンク




みなさん。これだけははっきり言わせてください。

えぇ。そりゃもうはっきりと。

東海地方は最高です!まじで!

実はこの不肖オタ助。ルーツは愛知県名古屋市にあります。(育ちは東京ですが。)

東海地方は観光スポットなんてホントに数えきれませんし、何しろ人が優しい!美味しいものもたくさんありますし!

東海地方には「名古屋コーチン」や「下呂温泉」、「織田信長」、「白川郷」、「高山陣屋」に「飛騨高山の町並み」など挙げだしたら切りが無いほど、僕の大好物が溢れかえってるんですよ!

もう一度言います。

東海最高です!

梅雨が明けたら是非行きたいです!東海!

 

こんにちは、オタ助です。ちょっと熱くなりすぎました。

今日はですね、そんな梅雨明けの7月、お盆休みの8月に東海旅行を計画しているあなたのために調べ倒しましたよ!

東海地方の梅雨明け!

ガッツリ66年分の気象庁のデータを引っ張り出して「これでもかっ」ってくらい丸裸にしてやりましたからね。

はっはっ。

ではそんな気になる「東海地方の梅雨明け予想」張り切っていってみましょう。レッツゴーです。


スポンサーリンク

東海地方の梅雨明け。例年は?

過去66年間で最も梅雨明けが早かったのは、2001年の「7月2日」です。「関東甲信」や「北陸」方面と比較するとやや早い印象ですね。

逆に最も遅かったのは2009年の「8月3日」です。ちなみに梅雨明けが8月までズレ込んだのは、この2009年を含めて2回しかありません。それも2009年の前は1954年です。

確率にすると3.03%ですので、基本的には7月中に梅雨明けすると考えて大丈夫です。

ただ、油断は出来ません。だんだんと梅雨明けが遅くなってきてる感じもします。やはり年々広がりを見せる世界的な異常気象が多少なりとも影響しているのかもしれません。

直近10年の東海地方の梅雨明けは以下になります。

  • 2007年 ・・・・ 7月27日ころ
  • 2008年 ・・・・ 7月12日ころ
  • 2009年 ・・・・ 8月3日ころ(最も遅かった年です。)
  • 2010年 ・・・・ 7月17日ころ
  • 2011年 ・・・・ 7月8日ころ
  • 2012年 ・・・・ 7月23日ころ
  • 2013年 ・・・・ 7月7日ころ
  • 2014年 ・・・・ 7月21日ころ
  • 2015年 ・・・・ 7月24日ころ
  • 2016年 ・・・・ 7月28日ころ

出典:気象庁公式サイト

このように直近のデータを見ると、東海地方の梅雨明けというのは、関東地方などと、ほぼほぼ同時期ということがわかります。

過去66年間のデータを平均すると東海地方の梅雨明けは7月21日ということですが、特に直近3年を見るとかなり安定して平均日付近での梅雨明けとなってます。

ですのでおそらく今年の梅雨明けも「7月下旬の平均日付近の可能性」が高いと考えられます。

つまり。

今年の東海地方の梅雨明けは「7月18日頃」〜「7月28日頃」となりそうですよ!

日差し

まとめ

いかがでしたか?

東海地方の梅雨明けを過去66年間のデータを元に予想してみました。

8月まで梅雨が長引いてしまうと、なんとなく鬱陶しい気もしますが、7月中でしたら何とかガマンも出来ますね!

東海地方の7月下旬〜8月初旬は快晴が続いて清々しい日が続きそうですよ!

梅雨明けした清々しい東海地方で思いっきりリフレッシュして楽しんでくださいね!

ではまた^^

トップページ

data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"
data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"