プール

 

スポンサーリンク




こんにちは!オタ助です!

夏はも良いですけど、やっぱり近場のプールも外せませんよね!

東京近郊でNo.1プールと言えば…。

そう!「東京サマーランド」です!よね!?

サマラン!
めめ
…。
せぶ
んにゃ…。
ナナ
ごろごろ…。

 

私たち夫婦もちょくちょくお邪魔させていただいております!はい!

この東京サマーランド、本当にめっちゃ楽しいトコなんですけど、ひとつだけ「致命的な弱点」があるんです…。

わかりますよね…?

わかります…。

 

そうです…。

混 み す ぎ で す よ !!

マ ジ で !!

まぁ…。東京近郊でも屈指の人気のプールですから、ある程度は仕方が無いんでしょうけど、ここの混み方は本当にエゲツないです。笑

日常生活ではありえない距離感の中に他人がいますからね。タライでじゃぶじゃぶと芋でも洗ってるかのようです。

 

 

どうです?ヤバくないですか?笑

まぁでも仕方ない!割り切りましょう!混んでるってことは「それだけ行く価値がある」とも考えられますからね。この際だからアタマを切り替えて、「混んでるのは許す!」としましょう。はい。

ゆるすっ!

 

今回は、そんなアホみたいに混んでる真夏のサマランの中を、どうかいくぐって、ストレス無く、そして効率よく遊ぶかを考えてみましたのでシェアさせて頂きます。

攻略ポイントはたったの7つです。

ホントにちゃんと作戦立てて臨まないと、だらだら汗だけかいて、お地蔵さんみたいにじっと突っ立って、アトラクションの列に黙って並んでる可哀相な人になっちゃいますからね!

ちなみに僕らは「デカスラ」が出来たばっかの時、3時間ほど並ばされて茹でタコ状態になりました。

そんなふうにならないためにも、ぜひ今記事を参考にしてくださいね!

それではさっそくいってみましょう。

レッツ、「サマラン」混雑回避完全攻略ガイド!


スポンサーリンク

2018サマーランド混雑回避完全攻略ガイド、始まるよ〜。

完全攻略のポイントは主に7つです。

  1. 前売りチケットを購入しておく。(これは絶対です。これだけで1時間変わります。)
  2. 駐車場は必ず第1を使う。(使える時間に到着する。)
  3. デカスラなどは最初に並んじゃう。
  4. 極力、週末やお盆は避ける。
  5. なるべくなら弁当持参。
  6. 自分だけのスペースを確保
  7. 100円玉を人数×5枚

 

それぞれ詳しく解説していきましょう。

①前売りチケットを購入しておく。(絶対)

「そんなの当たり前じゃ〜ん…」って思いました?

たしかに当たり前のことに感じるかもしれませんが、ジツは疎かにしがちです。

あのチケット売り場の大行列が証明です。

入園してからならまだしも、まだ入ってもいないのに並ぶなんてあり得ませんね。本当に無意味な労力です。

前売りチケットは各コンビニで買うことが出来ますので、(ローソンやセブンイレブンなど大手チェーンであればどこでも購入可能です。)ぜひ前日までに購入しておきましょうね。

②駐車場は第1駐車場を使う。

「なんでもいいじゃーん。どこ停めても一緒だよ…。」って思いました?

なんでもよくないです!一緒じゃないですから!

これホントです…。

 

まかり間違って「第2駐車場」になんて停めるハメになったら一大事です!

第2駐車場からサマラン入場ゲートまでは何と1.5km!!早朝とはいえ時は真夏です。ゆうに30度は超えていることでしょう。

そんな炎天下の中歩くのはなかなか困難です。

またプールで気持ちよく遊んだ帰り…。ふと向こうを見てみると駐車場に向かう「送迎のシャトルバスに乗るためだけ」の長ぁ〜〜〜い大行列が…!!おぉぉぅ…。

あれは正直エグい…!

 

サマランに行くためには圏央道という高速道路を使うんですけど、コイツが何と!かの有名な「東名・中央・関越」という関東3大高速道路とドッキングしたため、来場者数は増え続ける一方!

第1駐車場は朝7:30か8:00には満車という怖ろしいことになってるんですよ!

なので。

必ず朝7:00前には到着するつもりで予定をたてましょう。

侮ってると後悔します。まじで。

プール2

③デカスラなどは最初に並んじゃう。

前述しましたが、ワタクシは180分並ばされました。

入場すると、いろいろなアトラクションに気を取られますが、まずはお目当ての「大物」を先に攻略しちゃいましょう!下手したらこれだけで2時間くらい時間を短縮出来ますよ!

④極力、週末やお盆は避ける。

「そりゃそうだろ。」って感じがしますが、本当にそうしたほうがいいです。

もちろん平日もバッチリ混んではいますが、週末の「鬼混」に比べたら「屁のカッパ」です。

「サマラン」存分に満喫したいのであれば、多少無理してでも平日を狙いましょう。

⑤なるべくなら弁当持参。

こういう場所で売ってる食べものはマズイし高いしめっちゃ並びますからね。

サマランは飲食物の持ち込みは基本的にOKですから是非そうしましょう。(割れ物や缶はダメですよ。)

炎天下ですので痛まないように工夫してくださいね。

 

もしも仕方なくレストランをご利用の場合は出来るだけ早めに行きましょう。

平日でも朝10:00からオープンしてますからね。間違っても昼時になんて行ってはいけません。

今まで浮かせてきた時間が「パァ」になります。

⑥自分だけのスペースを確保

これがジツはけっこう大事なんですよね。

人混みにずっと居たり、泳いだりして疲れますからね。ゆっくり休めるスペースをしっかり確保しましょう。

コツとしては、入園直後「着替える前に場所を確保」です。

サマランに入場するとき、「靴では無くサンダル」で入り、更衣室をスルーしてまず場所を確保してください。

着替えはその後で十分間に合います。連れと代わりばんこでもいいですしね。

こんな感じのワンタッチ サンシェードテントがあるとゆっくり休めますし、日差しから肌を守ってくれますよ。

テントは本当にあったほうがいいですよ。サイズだけ気をつけてくださいね。

⑦100円玉を人数×5枚

これは正直、先にアナウンスしておいてほしいです。笑

もちろん両替機はありますが、どんだけの人数が両替すると思ってるんですかね。サマランのスタッフさんは。

あっ。これ「コインロッカー」の話です。

500円玉じゃダメなんです。100円玉を5枚入れて終わると400円返してくれるシステムなんです。

システムを変えさせるのは難しいですからね。しっかりと事前に両替は済ませておきましょう。

2018サマーランド混雑回避「流れ」はこうだ。

  1. 事前に前売りチケットを購入。
  2. 100円玉を人数×5枚作っておく。
  3. とある平日にロックオン。
  4. 第1駐車場に車を停める。(停められる時間に行く)
  5. サンダルで入場。
  6. テントを張る。(場所の確保)
  7. 着替える。
  8. 大物アトラクションを先に制覇。
  9. 好きに遊ぶ。
  10. ごはんは持参。
うん!こんな感じ!

 

こうするだけでかなりの時間が浮きます。

すこしだけ窮屈に感じるかもしれませんが、必ずこんな感じで作戦を立てたほうが身のためですよ。


スポンサーリンク

サマーランドの料金

入園券(夏期/通常) フリーパス券(夏期/通常)
大人(中学生〜60歳) 3,500円/2,000円 4,500円/3,000円
小学生 2,500円/1,000円 3,000円/2,000円
幼児・シニア 1,800円/1,000円 2,000円/1,500円

※入園券…… 入園+アドベンチャードーム(屋内プール)+アドベンチャーラグーン(屋外プール夏季のみ営業)+各種ウォータースライドの利用が含まれます。(DEKASLA除く)

※フリーパス券…… 入園券で利用可能な施設+DEKASLA(夏季のみ営業)+乗りもの乗り放題(一部アトラクション、コイン遊戯機を除く)が含まれます。 

※「入園券」で入園した人が乗り物を利用する場合、別途「のりもの券」(6枚つづり)1,200円、または「のりものフリーパス券」おとな1,800円、小学生・幼児・シニア1,500円を園内にて購入する必要があります。

※休園日、ならびに冬季休園期間は利用できません。

サマーランドのアクセス

電車でのアクセス

サマーランドアクセス電車

車でのアクセス

サマーランドアクセス車

参照:東京サマーランド公式ホームページ

2018サマーランド混雑回避完全攻略ガイド まとめ

いかがでしたか?

本日は「サマラン」混雑回避完全攻略ガイドと銘打ち、サマーランドを存分に満喫するための方法を詳しく解説してきました。

多少窮屈そうに感じるとは思いますが、本日ご紹介したこれらを実践するだけで、何もしなかった場合と4時間くらいの差異が発生するはずです。

窮屈なのはアトラクションを制覇するまでですから是非参考にしてみてください。

しかし大の大人が、こんなことを真面目に考えるとけっこう楽しいものです。

それでは本日は以上になります。

最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

ではまた^^

 

東京サマーランドは施設の特性上、営業していない期間もありますよ!詳しくは関連記事を読んでくださーい!