台風18号写真:tenki.jp

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

大型で強い台風18号が近づいて来てます。まだ東京は目立った雨風はありませんが今後の進路を注視しなければいけませんね。

こんなにキレイに日本列島を縦断することってあるのね…!

 

本当ですね。

西日本から東日本の広範囲にわたって大雨をもたらす可能性があります。

全国的な被害が心配されますね。

台風18号の中心気圧は955hpa(ヘクトパスカル)となっていて、中心付近の最大風速は40m/s、最大瞬間風速は60m/sです。

60メートルっ!?

 

3連休は残念ですが不要不急の外出は避けたほうが良さそうです。


スポンサーリンク

秋雨前線の影響も

秋雨前線が停滞している影響もあって、大雨のピークが「前線によるもの」と「台風によるもの」の2段階になる可能性もあるとして、気象庁は厳重な警戒を呼びかけています。

本日16日朝の時点で九州南部から本州南付近に秋雨前線が停滞しています。

この秋雨前線に台風がもたらす暖かく湿った空気が流れ込むと前線が刺激されて活発になり、まだ台風が接近していない地域においても大雨になるおそれがあります。

<気象庁発表17日午前6時までの24時間雨量の予想>

近畿地方 300ミリ超
東海地方 350ミリ超
九州地方 250ミリ超

台風18号は偏西風の影響を受けて加速する

明日朝にも九州に上陸するおそれがある台風18号は、偏西風の影響を受けて一気に加速すると見られています。

18日午前にかけて日本列島を一気に縦断するように進むと予想されますので厳重な備えが必要です。

台風18号の進路に該当する地域では、前述のように2段階での大雨に備える必要があります。秋雨前線による大雨が落ち着いても、その後すぐに台風本体による大雨が降り出しますので引き続き警戒してください。

海では満潮と干潮の差(潮位)大きくなる時期ですので沿岸部では高潮への警戒も必要です。

台風参照:tenki.jp


スポンサーリンク

台風18号 まとめ

前述しましたが、不要不急の外出は避けたほうが良いと思います

もしも被害のおそれが高まりましたら自治体の指示に従い早めの避難を心がけてくださいね。

ちなみにウチの奥さんが友達の結婚式で近畿地方に先程到着したみたいです。

心配…。

せぶ
んにゃ…。
ナナ
ごろごろ…。
めめ
…。