小雪の夕暮れ

 

スポンサーリンク




二十四節気のひとつ「小雪」。

「にじゅうしせっき」「しょうせつ」と読みます。(「こゆき」ではありません。)

「冬至はゆず湯?」や「夏至は陽が長いんだっけ?」などと、二十四節気でも、そのあたりのメジャーどころは何となく知っていても、この「小雪」に関しては「小雪?そんなのあったっけ?」という人が大多数なのではないでしょうか?

「小雪」は名前だけ見ると完全に冬のイメージですが、実際のところはどうなのでしょう。

小雪?聞いたことない…。
せぶ
…?
ナナ
ごろごろ…。

 

やっぱり。笑

この「小雪」は、晩秋や立冬も過ぎ、暦の上ではもちろん、体感的にもしっかりと冬の訪れを感じることが出来る季節になります。

陽射しはすっかり弱まり、紅に染まった見事な紅葉も、はらりはらりと葉が散り始めます。

朝夕は霜が降りることもあり、北国からは初雪の便りも届きます。まさに冬に向かってはじめの一歩を踏み出したというところですね。吐く息もすっかり白くなってきます。

人によるかもしれませんが、筆者はめちゃめちゃ寒がりですのでこの時期は余裕でダウンジャケットです。

ダウンジャケットは早すぎるでしょ!

 

ちなみに、11月の下旬あたりが「晩秋」だと勘違いされてる方がけっこういらっしゃるようですが「晩秋」というのは「寒露」から「霜降」(の最終日)の間になります。(10月8日頃から11月6日頃までです。)

11月の7日頃の「立冬」から今回の「小雪」(つまり11月のほとんどと12月の初め)あたりは「初冬」となります。(厳密な境目は無いとの説もありますが。)

さて今回は、そんな一般的にはあまり知られていない「小雪」の意味や由来、食べるべき旬の食べものなどをわかりやすく解説していきたいと思います。思わず「へ〜…」と言いたくなることもきっとあると思いますよ。

この季節は1年で1番食べ物が美味しい時期ですからね!

それではさっそく行ってみましょう。

レッツ、小雪っ!

※ちなみに筆者は小雪生まれです。

 

ちなみに、諸説ありますが「節気」と「節季」は一般的には違うとされています。「節気」は今回の「小雪」のような季節の変わり目を指し、「節季」は商売において貸借関係の総勘定や清算を行う年末などの決算期を指します。

 


スポンサーリンク

小雪のこと詳しく教えてよ

「小雪(しょうせつ)」とは二十四節気のひとつで20番目の節気になります。(節気は立春から数えます。)

現在の主流として広まっている定気法(二十四節気を配置する方法の一つ)に当てはめると小雪は毎年11月22日〜23日頃に訪れ、今年も11月22日になります。(小雪になる瞬間は11月22日3:04です。)

また、このように「その日」を指すこと以外に「その日」から「大雪前日」(大雪とは小雪の次の節気のことです)までの期間(およそ15日間)を示すこともあります。

「小雪」には「雪」という字が含まれますし、非常に寒そうなイメージですが、ある意味その名の通りで冬の気配をしっかりと感じることが出来る頃ということになります。

朝夕は特に気温が下がり、冷え込みが厳しい日も出てきますので、体調管理には十分気をつけたいですね。

北風

また、この季節は待ちに待ったという人も多い「紅葉シーズン」も終盤に差し掛かります。

霜降の頃から今回の小雪にかけては、東北地方など北から順番に紅葉前線が南下し、日本列島が紅色に染まります。このころはもう西日本方面もすっかり色づいていますね。

ちなみに、霜降の頃から立冬過ぎに吹く、強くて寒ぅ〜い北風(風速8m/s)を「木枯らし」と呼びます。

テレビのお天気お姉さんが「今日は木枯らし1号が吹きました〜❤︎」なんて言いますよね。

空気はすっかり冬に向かって風邪も引きやすい季節だからね。この時期の体調管理は本当に気をつけないと。

 

二十四節気のこのあたりの流れは「秋分(9月23日ころ)→「寒露(10月8日ころ」→「霜降(10月23日ころ)」→「立冬(11月7日ころ)」→「小雪(11月22日ころ)」→「大雪(12月7日ころ)」となります。

小雪ならではの旬の食べものってなに?

小雪の頃ならではの食べものって何かあるの?

 

小雪というのは、暦の上では冬ですが実際のところはまさに秋本番で秋の味覚が勢揃いしている季節ですからね。本当に色々な食材が旬を迎えてますよ。

その中でもまず挙げられるのがやはり「秋刀魚」ですね。

北海道根室産 秋刀魚

大根おろしを山ほど乗せて、ほろ苦い肝ごとあんぐり食べちゃいましょう!

他にも、「戻り鰹(トロ鰹)」や「秋サバ」だって最高ですよ。

トロ鰹の「あぶり塩たたき」

妻が大絶賛の厳選トロさば

お米も各銘柄の新米がばっちり流通してますからね。食欲の秋真っ只中というところです!

小雪は「特にこれを食べなければいけない!」といった行事食はありませんが、美味しい秋の味覚が揃いも揃ってますので本当に贅沢で楽しい気分になっちゃいますね!

 


スポンサーリンク

小雪とは? まとめ

いかがでしたか?

今回は「小雪とはどんな季節?意味や由来、旬の美味しい食べ物はあるの?」と銘打ち、小雪のあれやこれやをお伝えしてきました。

知っているようであまり知らない「小雪」のことがザックリとお分かり頂けたのではないでしょうか?

僕的には1年で一番テンションが上がる時期は夏なんですが、立秋から処暑、白露、秋分に寒露、霜降、そして立冬、小雪にかけてはだんだんと淋しくなっちゃうんですよね。

もう次の夏が恋しくなっちゃうもんね…。

 

でも美味しいものがたくさん出回ってますからね!

しっかり食べてテンションを上げていきましょう!

何しろこの時期は寒さも本格化してきて風邪を引きやすい時期でもあります。旬の美味しい食材や身体を温める食材をしっかり食べて、元気に乗り切ってくださいね。

ではまた^^

 

トップページ