稲穂

スポンサーリンク




二十四節気のひとつ「処暑」。「にじゅうしせっき」「しょしょ」と読みます。

「冬至はゆず湯?」や「夏至は陽が長いんだっけ?」などと、そのあたりは何となく知っていても、この「処暑」に関しては「処暑?なにそれ。初めて聞いた。」という人もジツは多いのではないでしょうか?名前だけ見るとすごく暑いイメージですが、実際のところはどうなのでしょう。

ぼくは初めて聞いた!
知らないわよね…。

 

やっぱりそうですよね。でもこの「処暑」は季節の変化を感じることが出来るちょうど節目の時期なんですよ。あなたも何気なく使ったことがあると思いますが「残暑お見舞い」なんていう言葉はまさにこの時期に使う言葉なんです。

「どこまでが暑中お見舞いで、どこからが残暑お見舞いになるんだっけー?」なんて会話をしたことありますよね。その答えはとっても簡単で、節気が「大暑」までの間は「暑中お見舞い」。節気が「立秋」に変わったら「残暑お見舞い」になるんですよ。

暑中お見舞いを出し忘れて、残暑お見舞いを代わりに出すのでしたら、立秋からこの処暑の期間に出してしまわないと失礼に当たるんです。

そうなんだーっ
処暑って大事な時期なんだね!

 

今回は、そんな一般的にはあまり知られていない「処暑」の意味や由来、食べるべき旬の食べものなどをわかりやすく解説していきたいと思います。思わず「へ〜…」と言いたくなることもきっとありますよ。

 

ちなみに、諸説ありますが「節気」と「節季」は一般的には違うとされています。「節気」は今回の「処暑」のような季節の変わり目を指し、「節季」は商売において貸借関係の総勘定や清算を行う年末などの決算期を指します。

スポンサーリンク

処暑って何?まだ夏なの?もう「立秋」過ぎたじゃん。

「処暑(しょしょ)」とは二十四節気のひとつで14番目の節気になります。(節気は立春から数えます。)

現在の主流として広まっている定気法(二十四節気を配置する方法の一つ)に当てはめると処暑は毎年8月23日頃に訪れ、今年も8月23日になります。(処暑になる瞬間は8月22日22:20です。)

また、このように「その日」を指すこと以外に「その日」から「白露前日」(白露とは処暑の次の節気のことです)までの期間(およそ15日間)を示すこともあります。

「処暑」は「暑い」という字が含まれますし、もちろんまだまだ残暑が厳しい時期ではありますが、朝夕は涼風がそよぎ出し、「寒蝉(ひぐらし)」などの鳴き声が聞こえ始めますので、何となく淋しい気持ちにもなってしまう時期でもあります。「夏も終わりかー…。」という感じがしますよね。

わかるーっ。なんだろ…。あの淋しい感じ。

 

二十四節気のこのあたりの流れは「小暑七夕のころ)」→「大暑(7月23日ころ)」→「立秋(8月7日ころ)」→「処暑(8月23日ころ)」となります。ですので名前のイメージとは異なり、ジツは立秋から処暑あたりが1年で一番暑い時期なんですよね。
ちなみに「処暑」の「処」という字は、「おさまる」とか「止まる」という意味ですので「処暑」というのは「暑さもそろそろ終わりですよー」という意味になります。

処暑ならではの旬の食べものってあるの?

処暑の頃ならではの食べものって何かあるの?まだ暑いし鰻でスタミナアップしてもいい?

 

そうですね。もちろんスタミナアップもまだまだ大切ですよね。大暑の土用の丑の日意外は食べちゃイケないわけではないですからどんどん食べましょう。特にこの時期は毎日の猛暑による疲労が蓄積されてしまいますからね。

(今年の夏の土用の丑の日は7月25日、8月6日と2回ありました。ちなみに土用の丑の日っていうのは夏だけではなく春夏秋冬それぞれにあります。)

夏の猛暑の疲労回復に鰻を食べるなら、こちらの「20匹に1匹の幻のアオテうなぎ」は本当に美味しいので特にオススメですよ。このレベルのウナギを外食で食べようと思ったら、ひとり8000円程度は覚悟したほうが良いくらいです。

さて、その「処暑ならではの旬の食べもの」ですが、やっぱり外せないのは秋刀魚ですよね!
【送料無料】 北海道根室産 秋刀魚

大根おろしを山ほど乗せて、ほろ苦い肝ごとあんぐり食べちゃいましょう!

お米も新米が出回り始める時期ですからね。食欲の秋スタートです!


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

あまり聞き慣れない「処暑」のことがザックリとお分かり頂けたのではないでしょうか?

僕的には1年で一番テンションが上がる時期が夏なんですが、前述した通り、立秋から処暑にかけてはだんだんと淋しくなっちゃうんですよね。

もう次の夏が恋しくなっちゃうもんね…。

 

何しろこの時期は夏の疲れが一気に身体を襲う時期です。夏バテしないためにも、精の付くものをしっかり食べて、元気に乗り切ってくださいね。

では^^

トップページ