天の川

きに子
もうすぐ七夕ねーっ!今年は何をお願いしちゃおうかなー♪
オタ助
きに子ちゃん、張り切ってるねー!
きに子
そりゃそうよー。欲しいものたーくさん!車でしょ、バッグでしょ、洋服に指輪も欲しいなー!
オタ助
…。
それはクリスマス…。

スポンサーリンク

七夕の短冊。なにを書いてもいいの?

七夕

スポンサーリンク




はい。なにを書いたって大丈夫です。自由です。っていうのも、目的が違うんですよね。そもそもは願い事を叶えるために短冊に書いていたわけではないんです。

中国の宮中行事として始まったこの文化ですが、もともとは手先が器用だと言われていた織姫さんにあやかって「手芸の上達」を目的としていたものなんです。

自分が思っていることを短冊に書いて、達筆になるための訓練をしていたんですね。達筆ということは手先が器用だということで、手芸も上達するという流れだったようです。

つまり「お願い事」を書くためのものではないので、前述の通り基本的には何を書いてもOKなんですね。

まぁでもそれじゃここまで浸透した文化なのに夢がないですよね。

こういった伝説的なものは時代の変遷と共に必ず変化していくものですので、それほど深く考える必要はありませんよ。気にせず欲しいものでも目標でも何でも好きに書いてみましょう。

願えば叶うかもしれませんよ。

短冊はいつ飾って、いつ取るの?

七夕飾りは、6日の夕方から夜にかけて行います。飾り付けも同様です。

神社での祭事は7月7日になる直前から7月7日になる頃に行います。(6日から7日にかけての深夜)クリスマス的な感じですね。

ただ僕ら一般人はそこまで気にする必要も無く7日中に片付ければ大丈夫です。

つまり、6日夕方から飾り始め、1番寝かせて7日中には片付けましょうってことですね。これを守らないと願い事は叶わないそうですから、「もったいない」や「面倒くさい」という理由で放置するのはやめましょうね。意外としばらく置きっ放しのお宅ってけっこうありますよね。

短冊用の笹ハンガーです。風鈴とかを付けても可愛いですよ♪


スポンサーリンク

どうやって片付けるの?

やっと今日の本題ですね。

「短冊ってどうやって片付けるの!?捨てちゃうの!?」

さてどうしましょう。

くしゃくしゃポイは、さすがに気が引けますもんね。

では代表的なものを4つ紹介していきます。

①七夕送り

伝統的な方法で、海や川へ流す「七夕送り」というものがあります。

海や川といった神様がいらっしゃる場所に流し、持って行ってもらおうということです。

…が、短冊の紙は基本的には溶ける紙ではありませんし、そんなことをするとソッコーで苦情が入る世知辛い世の中になりましたのでオススメ出来ません。

②お焚きあげ(神社)

こちらの方法は割とポピュラーです。

神社さんによってはやってない場合もありますが、お守りやお財布をお焚きあげしてくれるのと同じように、短冊に関しても適切な方法で処理してくれる場合があります。

電話で問い合わせてみるとすごく丁寧に教えてくれますよ。

③お焚きあげ(自分で)

これは危ないのであんまりオススメ出来ませんが、自宅の庭などで大きめの1斗缶などを使って燃やす方法です。

まぁ時代もありますのでやめておきましょう。

④自分で適切な方法で処理する

まぁこれが一番だと思います。

適切な方法とは真っ白な和紙に包んで捨てるということです。

けっこうこの方法で処理している方はいらっしゃると思いますが、もう少し手を加えてあげてください。

  • 氏名を記載し、簡単なお礼を添える。
  • お清めの「お塩」か「日本酒」を振りかける。

 

という2つの手順を加えてあげましょう。何事も感謝の心ですね。少し手をかけてあげるだけで、「捨てる」という後ろめたさが消え、心が「すっ」としますよ。

ぜひやってみてくださいね。

オタ助

七夕ですから、いつもとはちょっと違うそうめんを食べてみませんか?
こちらすごく美味しかったですよ。
そうめんを食べて、ご家族の無病息災を願いましょうね。

 


創業嘉永三年(1850年)より
続く老舗の三輪そうめんです。

 

 

トップページ

data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"
data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"