霜

 

スポンサーリンク




二十四節気のひとつ「霜降」。

「にじゅうしせっき」「そうこう」と読みます。「しもふり」ではありません。笑

「冬至はゆず湯?」や「夏至は陽が長いんだっけ?」などと、二十四節気でも、そのあたりのメジャーどころは何となく知っていても、この「霜降」などに関しては「霜降?なにそれ。初めて聞いた。」という人もジツは多いのではないでしょうか?

「霜降」は名前だけ見ると何となく寒そうなイメージですが、実際のところはどうなのでしょう。

知らないわ…。霜降…?始めて聞いた…。
せぶ
…?
ナナ
ごろごろ…。

 

ですよね。笑

この「霜降」は、はっきりと秋の訪れを感じることが出来る、1年の中でもちょうど節目の時期なんですよ。本格的に冬に入る一歩手前というところです。

「立冬」前、最後に訪れる二十四節気がこの「霜降」なんです。

寒露を過ぎ、日中はだいぶ肌寒くなり冬服が欲しくなる衣替えの季節です。空気も澄み、秋晴れが続く時期としてもよく知られていますね。

また、朝夕に関しては気温もかなり下がってきて、ハッキリと「秋」の気配を感じることが出来る頃です。

日に日に昼間の時間も短くなり、夕暮れ時は本当にあっという間でまさに「秋の日は釣瓶落とし」ですよ。

つるべおとしっ!

 

ちなみに、前回の「寒露」から今回の「霜降」(の最終日)がいわゆる「晩秋」と呼ばれる時期になります。

(寒露より前の「秋分」や「白露」のころを「仲秋」と呼び、「立秋」「処暑」のころを「初秋」と言います。つまり初秋というのは「夏真っ盛り」なんですよ。笑)

今回は、そんな一般的にはあまり知られていない「霜降」の意味や由来、食べるべき旬の食べものなどをわかりやすく解説していきたいと思います。思わず「へ〜…」と言いたくなることもきっとあると思いますよ。

この季節は1年で1番食べ物が美味しい時期ですからね!

それではさっそく行ってみましょう。

レッツ、霜降っ!

 

ちなみに、諸説ありますが「節気」と「節季」は一般的には違うとされています。「節気」は今回の「霜降」のような季節の変わり目を指し、「節季」は商売において貸借関係の総勘定や清算を行う年末などの決算期を指します。

スポンサーリンク

霜降のこと詳しく教えてよ

「霜降(そうこう)」とは二十四節気のひとつで18番目の節気になります。(節気は立春から数えます。)

現在の主流として広まっている定気法(二十四節気を配置する方法の一つ)に当てはめると霜降は毎年10月23日〜24日頃に訪れ、今年も10月23日になります。(霜降になる瞬間は10月23日5:27です。)

また、このように「その日」を指すこと以外に「その日」から「立冬前日」(立冬とは霜降の次の節気のことです)までの期間(およそ15日間)を示すこともあります。

「霜降」には「霜」という字が含まれますし、なんとなくヒンヤリとしたイメージですが、まさにその名の通りということになります。

朝夕は特に気温が下がり、冷え込みが厳しい日も出てきますので、体調管理には十分気をつけたいですね。

「霜」が「降りる」と書く「霜降」ですが、実際に霜が降りる条件は「気温が0℃以下」とされています。この時期まだ気象庁発表の気温が0℃を下回ることはそれほどありませんが、発表される予想気温と実際の気温には誤差がありますので、予想気温が2℃や3℃の場合でも霜が降りてくる場合があります。(測定地点の環境により左右される)

ですので、農家の方にとっては非常に警戒する時期なんですね。

紅葉イラスト

また、この季節は待ちに待ったという人も多い「紅葉シーズン」のスタートになるんですね。

霜降の時期になると、東北地方など北から順番に紅葉前線が南下し、日本列島が紅色に染まり始めます。

ちなみに、霜降の頃から11月末あたりまでに吹く、強くて寒ぅ〜い北風(風速8m/s)を「木枯らし」と呼びます。

テレビのお天気お姉さんが「今日は木枯らし1号が吹きました〜❤︎」なんて言いますよね。

季節の変わり目で身体も疲れちゃってるし、この時期の体調管理は気をつけないとね。

 

関連記事:木枯らし1号の正しい意味って知ってる?その使い方間違ってるかも!?

関連記事:関東の紅葉|見ごろ時期に絶対行くべき最強スポット7選完全攻略ガイドまとめ

 

二十四節気のこのあたりの流れは「立秋(8月7日ころ)」→「処暑(8月23日ころ)」→「白露(9月7日ころ)」→「秋分(9月23日ころ)→「寒露(10月8日ころ」→「霜降(10月23日ころ)」→「立冬(11月7日ころ)」となります。
ちなみに「霜降」というのはまさに呼んで字の如く、秋が深まる頃、夜の間に大気が冷え、朝になると草花に霜が宿ることから名付けられたんです。とても綺麗な名前ですよね。日本っぽくてすごく好きです。

霜降ならではの旬の食べものってなに?

霜降の頃ならではの食べものって何かあるの?夏の疲れも抜けてないし、季節の変わり目だからか何となく疲労感があるのよね…。鰻でスタミナアップしてもいいのかな?

 

そうですね。もちろんスタミナアップもまだまだ大切ですよね。大暑の土用の丑の日意外は食べちゃイケないわけではないですからどんどん食べましょう。

それに。

天然鰻の旬って10月からなんですよ。

ウナギだって他の魚や動物と同じで冬眠しますからね。

つまりこの霜降の時期のウナギには脂がタップリ乗ってるということなんです。

そうかっ!

 

特にこの時期は毎日暑かった夏の疲れや晩秋の寒暖差による疲労が蓄積されてますからね。

ガツガツ食べちゃいましょう。

(今年の夏の土用の丑の日は7月25日、8月6日と2回ありました。ちなみに土用の丑の日っていうのは夏だけではなく春夏秋冬それぞれにあります。)

夏の猛暑や晩秋の寒暖差の疲労回復に鰻を食べるなら、こちらの「20匹に1匹の幻のアオテうなぎ」は本当に美味しいので特にオススメですよ。

このレベルのウナギを外食で食べようと思ったら、ひとり8000円程度は覚悟したほうが良いくらいです。

さて、その他のいわゆる秋っぽい食材、つまり「霜降ならではの旬の食べもの」ですが、やっぱり外せないのは秋刀魚ですね。

【送料無料】 北海道根室産 秋刀魚

大根おろしを山ほど乗せて、ほろ苦い肝ごとあんぐり食べちゃいましょう!

他にも、「戻り鰹(トロ鰹)」や「秋サバ」だって最高ですよ。

トロ鰹の「あぶり塩たたき」約280g(1〜2人前)鰹の本場土佐の逸品。あぶらの乗った戻り鰹

妻が大絶賛の厳選トロさば

お米も新米が出回り始める時期ですからね。食欲の秋真っ只中というところです!

 


スポンサーリンク

霜降とは? まとめ

いかがでしたか?

今回は「霜降とは?2017年はいつ?|秋本番!木枯らしや紅葉はここから!」と銘打ち、霜降のあれやこれやをお伝えしてきました。

あまり聞き慣れなかった「霜降」のことがザックリとお分かり頂けたのではないでしょうか?

僕的には1年で一番テンションが上がる時期が夏なんですが、立秋から処暑、白露、秋分に寒露、そして今回の霜降にかけてはだんだんと淋しくなっちゃうんですよね。

もう次の夏が恋しくなっちゃうもんね…。

 

でも美味しいものがたくさん出回ってますからね!

しっかり食べてテンションを上げていきましょう!

何しろこの時期は夏の猛暑や寒暖差による疲労が一気に身体を襲う時期です。夏バテしないためにも、精の付くものをしっかり食べて、元気に乗り切ってくださいね。

ではまた^^

 

トップページ

data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"
data-matched-content-ui-type="image_stacked"      data-matched-content-rows-num=“4”      data-matched-content-columns-num=“2” data-ad-format="autorelaxed"