サンタクロース

 

こんにちは、オタ助です。

1年も終わりに近づくと、その年のメインイベントとも言うべき一大イベントを前にソワソワしてきますよね!

うふふ。アレね!
せぶ
…?
ナナ
んにゃ…。

 

そうです。「クリスマス」です。

とりわけ子供たちにとっては本当に待ちに待ったという感じでしょうね。「どんなプレゼントをサンタさんにお願いしようかな…。」「あれが欲しいな…。」「これもいいな…。」とその楽しい悩みは尽きることがないでしょう。

そんな毎年プレゼントを届けてくれる優しいサンタさんに「お礼の手紙」を出したいと言う可愛らしい子供さんもいるはずですよね。

そんな可愛らしいお願いは絶対に叶えてあげたいものです。

たしかに叶えてあげたいけど…。どんなふうに書けばいいのか…。っていうかどこに出せば良いのかわからないわ…。

 

大丈夫です。まかせて下さい。

今回はサンタさんにお手紙を出すための方法や素朴な悩みにすべてお答えしていきますよ!

ちゃんと返信だって届きますからね!

今年は可愛いお子さんと一緒にサンタさんにお手紙を出してみませんか!?

それではさっそく行ってみましょう。

レッツ、サンタクロースっ!!


スポンサーリンク

サンタクロースへのお手紙。どこに出せばいいの?

やはりサンタクロースといえば北欧の「フィンランド」がダントツで有名ですよね。あのサンタクロース村もありますし。

こちらはサンタクロース村の様子がわかる動画になります。おもわずホッコリしちゃいますよ。3分くらいの動画になります。

 

 

こちらにはもちろんお手紙を出すことが出来ます。

しかしジツはお手紙を受け取ってくれるサンタさんはフィンランドだけではないんですよ。世界各地にお手紙を受け取ってくれるサンタさんがいるんです。

例えば…。

  • カナダ
  • ノルウェー
  • グリーンランド
  • スウェーデン
  • ドイツ
  • アメリカ

などになります。(各国の郵便局やボランティア団体が受け付けてくれます。)

サンタさんからお返事がほしい!

せっかくお手紙を出すのであれば「お返事」がほしくなりますよね。お返事が届けばお子さんもきっと喜んでくれるはず!

しかし…。

サンタさんはとっても多忙なため、送ってくれた人全員に返信することはやはり困難です。去年は返信をくれたからといって今年もくれるとは限らないんです。

多忙のためですので仕方が無いですが、やはり返信が来ないのはちょっと淋しいですよね。

うん…。仕方が無いけどやっぱり返信が来たら嬉しいよね…。

 

そうですよね。せっかくお手紙を出すのであれば一方通行ではなく、やはり返信が欲しいですよね。

わかりました。

では比較的ですが、返信が届きやすい送り先をご紹介したいと思います。

フィンランドのサンタクロース

まずはやはりサンタクロースの本場、フィンランドです。フィンランドにはいくつかの送り先が存在しますが、こちらのサンタクロース村が返事をもらうには一番良いようです。

住所は以下の通り書いてくださいね。

フィンランド

どうです?上手に書けましたか?落ち着いてゆっくり丁寧に書いてあげましょうね。

では続けます。

カナダのサンタクロース

ジツはこのカナダのサンタクロースが最も返信率が高いそうですよ。

カナダ

こちらは様々な言語に対応していますし、しかも世界の宝である子供たちのためということで「返信用の送料は必要無し!」と公言しているんです。

すごーい!超優しいね!

 

本当ですよね。世の中がこういう人ばかりになったら余計な争いは起こらない気がしちゃいます。

ちなみに住所にある「HOH OHO」という箇所はサンタさんの笑い声から取られているんだそうですよ。

「ほっほっほ」というサンタさんの優しい声が聞こえてくるようですね!

何とも楽しいイベントですが、前述の通り「確実に」返信が届くわけではないので、そちらだけはご了承くださいね!

どうしてもサンタクロースから返信が欲しい!

でも…。なんとか確実に返信が貰える方法ってないの?

 

奥さん…。わかりました。

まかせて下さい。大丈夫です。

確実な方法がひとつあります。

やった!

 

では確実に返信を受け取れる方法をご紹介しましょう。

日本・フィンランドサンタクロース協会」というわかりやすいネーミングの社団法人があります。

日本・フィンランドサンタクロース協会っ!たしかにわかりやすい。笑

 

こちらに申し込むと(申し込み締め切りは12月1日です!)、フィンランドの「サンタクロース中央郵便局」から返信はがきが同封された手紙がまず届きます。

この返信はがきにサンタさんへのメッセージ(日本語でも大丈夫です!)を書いて送ると、12月17日〜21日頃に「サンタさんからの手紙(Official Santa Mail)」が届きます。

「サンタさんからの手紙(Official Santa Mail)」は「幼児向け」や「子供〜一般向け」などから選ぶことが出来ますのでお子さんの年齢に合わせて選んであげてくださいね。

この「サンタさんからの手紙(Official Santa Mail)」をクリスマス前に受け取り、イブやクリスマス当日にお子さんに渡してあげたらめちゃめちゃ喜ぶはずですよ。

ちなみに価格は1,600円になります。高いか安いかは判断の分かれるところですね。笑


スポンサーリンク

サンタクロースへのお手紙 まとめ

いかがでしたか?

本日は「サンタクロースに手紙を出そう!返事を貰うための「完全攻略ガイド」」と銘打ち、サンタさんへお手紙を出す方法や、確実に返信を受け取る方法などを紹介してきました。

なんとも心が温まってくる気がしちゃいますよね。

今年は可愛いお子さんと一緒にサンタさんへお手紙を出してみてはいかがですか?

クリスマスの楽しみがまたひとつ増えちゃいますよ!

ではまた^^

 

トップページ