クレジットカード

 

スポンサーリンク




「リボ払い」というものをご存じですか?

うん。名前は知ってるよ。
そうですよね。カード会社のテレビCMなどでもよく流れてますもんね。
ではその「リボ払い」にどんなイメージを持ってますか?
んー…。よくわからないけど、何となく「損しちゃう」とか「使っちゃダメ」みたいなイメージかな…。

 

なるほど。一般的なイメージはそんなところですよね。

確かにリボ払いは、カード会社の謳い文句通り「月々の支払金額(負担)を少額に抑えるという特徴」がある一方で、なかなか強烈な手数料を引かれてしまうことがあります。

リボ払いの仕組みを知らずに利用して、とんでもない手数料を支払ってしまって大損をしている人も実際にいます。

しかし前述の「一般的なイメージ」通り、「何となく損しちゃいそう」や「使っちゃダメ」という曖昧なことしか知らないでいると、ちょっとしたときのカード会社の「オトク?」なキャンペーンなどに釣られて利用してしまうことにもなりかねません。

大切なのは正しくその仕組みを理解しておくことなんです。

仕組みを理解する!

 

そうです。

仕組みを理解し「使うか?」「使わないか?」を自身で判断すれば良いだけのことなんですよ。

そこで本日は「リボ払いの仕組み」「分割払いとの違い」などを詳しく解説して行きたいと思います。

このような「知ってるようで知らない」「今更聞けない」というようなことを出来るだけスルーせず、しっかりとご自身の知識にしていくことで、ご家庭の余剰資金というものは着実に膨らんでいき、必ず将来的にプラスになっていきます。(どうしてもスルーしてしまいがちですので意識することが大切です。)

これを機にしっかりと学習していきましょうね。

それではさっそく解説して行きます。


スポンサーリンク

そもそもリボ払いって何だっけ?

「リボ払い」とは月々の支払い額+手数料」を毎月支払っていく支払い方法のことです。

※この「月々の支払い額」は一定額で、そのすべては元金に充てられます。またここで言う「元金」とはリボ払いで支払った分の利用残高のことです。

ん〜…?分割払いだって月々の支払いと手数料でしょ?

 

そうなんですよね。最初はすごくややこしいかもしれませんね。

多くの人が「リボ払い」と「分割払い」を混同しがちですが、「分割払い」というのは「購入時に支払い回数を決めて支払っていく方法」なので、「リボ払い」とは根本的に違うんです。

リボ払いの月々の支払い額はどう決める?

リボ払いにおける月々の支払い額(元金に充てられる金額)は、各カード会社が設定している最低金額よりも高ければ好きなように指定出来ます。

例えば「JCBカード定額コース」の場合でしたら最低額は5,000円です。

つまり毎月の支払い額は5,000円でも良いですし、5,000円以上でしたら、6,000円でも7,000円でも1,000円単位で好きなように設定が可能です。

リボ払いで月々支払う金額(定額)を5,000円に指定し、仮に30,000円の商品を購入したとすると…。

「5,000円(定額)+手数料(年利率15%〜18%)」「6ヶ月支払う」ということです

リボ払いの手数料

リボ払いを利用すると手数料が発生します。

手数料…。

 

はい。これは例えばローンでの支払いで言うところの利息と同じようなものです。

リボ払いで毎月支払う手数料は以下の式で計算されます。

「利用残高×手数料率÷365日×30日」

(この計算式は30日毎に支払う場合です。支払いの期間が28日の場合は「30日」ではなく「28日」になります。)

リボ払いの手数料率はカード会社によって様々ですが、多くは年率15%〜18%に設定されています。


リボ払いのシミュレーション

ではリボ払いの具体的なシミュレーションをしてみましょう。実際のところどれくらいの手数料を支払うことになるのでしょうか。

最近、何か欲しいと思ったものはありますか?

えっ!?わたしヴィトンのバッグがほしい!

 

ヴィトンのバッグですね。ではヴィトンのバッグの価格が仮に25万円(税込み)だとしましょう。

  • 利用日:2017年11月20日
  • 利用額:25万円
  • 手数料率(実質年率):15%
  • 月々の支払い額:5000円
  • 支払いコース:定額コース

この場合に月々の負担がどのように推移していくのかを見ていきます。
(JCBリボ払いシミュレーションを利用し「1円単位」で正しく試算しています。)

支払い回数 支払日 月々の支払額 手数料 月々の負担額
(月々の支払額+手数料)
利用残高
 1  2018年1月10日  5,000円  2,671円  7,671円  245,000円
 2  2018年2月10日  5,000円  3,121円  8,121円  240,000円
 3  2018年3月10日  5,000円  2,761円  7,761円  235,000円
 4  2018年4月10日  5,000円  2,993円  7,993円  230,000円
 5  2018年5月10日  5,000円  2,835円  7,835円  225,000円
 …  …  …  …  …  …
 48  2021年12月10日  5,000円  184円  5,184円  10,000円
 49  2022年1月10日  5,000円  127円  5,127円  5,000円
 50  2022年2月10日  5,000円  63円  5,063円  0円

※横にスクロールしてください。

月々の支払額を5,000円に設定していますので、毎月5,000円ずつ残高が減り50ヶ月で支払いが完了しています。

また、月によって日数が異なるため若干の増減はありますが、基本的には残高が減少するにつれて手数料も少なくなっていきます。

フムフム。

 

では結果的に一体いくらの手数料を支払ったのでしょうか。

支払った手数料は「79,182円」です。つまり支払総額は「329,182円」ということです。

これを「こんな無駄な手数料を払ってバカバカしい!」と思うか、それとも「欲しかった高額商品を月々5,000円〜7,000円でゲット出来た!」と思うかは本当に個人の価値観だとは思いますが、何しろ仕組みを把握しておくことが大切なんですね。

筆者的には、さすがにこの手数料は高いかなという感想です。

リボ払いの手数料はなぜ高い?

さて、ではなぜリボ払いの手数料はこのように高額になってしまうのでしょうか?

そこにはリボ払いのある性質が関係しています。

リボ払いの性質?

 

はい。そうなんですね。

リボ払いというのは良くも悪くも「月々の支払額を低く抑える」という性質を持っています。

毎月支払う手数料の計算式は前述しましたね?

うん。「利用残高×手数料率÷365日×30日」よね?

 

その通りです。

あっ…!

 

そうです。リボ払いの手数料というのは利用残高に対して発生しています。

つまり「月々の支払額」を低く抑えていれば「利用残高」はなかなか減っていかないですよね。

残高が減らなければその分だけ支払い回数も多くなってしまいます。

その結果、手数料がかさんで支払総額自体が大きくなってしまうんですね。

なるほどねー。ってことは月々の支払額を増やせば手数料の総額は減るわよね?

 

まったくその通りです。

例えば先ほどのシミュレーションで、その他の条件は変えずに「月々の支払額」を10,000円にすると手数料はなんと「40,081円」となり、ほぼ半額です。支払総額は「290,081円」になりますね。


スポンサーリンク

今更聞けない「リボ払い」とは!? まとめ

いかがでしたか?

本日は「今更聞けない「リボ払い」とは!?分割払いとは何が違う!?」と銘打ち、リボ払いの仕組みについて詳しく解説してきました。

どうです?それほど「怪しい」といった印象は無いはずです。

うん!仕組みもわかったしぜんぜんコワくないわ!

 

それは良かったです。

しかし、ここまでお話した上で次回は「恐怖のリボ払い」についてお話していきますね。

え…!?恐怖…?

 

はい。リボ払いのコワいところもしっかりと理解した上で「使うのか」「使わないのか」を判断してみて下さい。

 

【関連】リボ払いは危険!! 損!! 借金地獄や多重債務の入り口はリボ払い!?

 

当ブログでは「老後の資金」を作るためのアドバイスを徹底的に解説してきています。その中では「リスクを取った投資」などについても敢えて言及しています。なぜなら老後の資金を作っていく上で「投資」というのは非常に重要で且つ避けられないことだからです。

しかしそれらと同等の価値があるのが節約です。

節約にも様々な種類がありますが、筆者は「生活自体を貧しいものにしてしまう節約」というのはあまり好きではありません。(投資は余剰資金で行うべきと言っているのと同じ意味です。)

むしろ「無駄を省く節約」というものをお薦めしたいと考えているんです。

「儲けてやろう。」「一発当ててやろう。」という感情も一概に悪いとは言えませんが、

それよりも「いかに損をしないか。」「無駄を省くか。」ということを考えてみてくださいね。

今記事を例に挙げて、平たく言えば「その25万円のヴィトンのバッグは今すぐに329,182円を支払ってまで必要か?」ということなんです。

モノを購入するときの人の感情というのは「ウォンツ」という感情と「ニーズ」という感情に分けられます。

筆者は「お客さんのニーズがある」という言葉は、本来使い方が間違っていると考えています。それを言うなら「お客さんのウォンツがある」です。

すこし難しい話ですが、この辺りのことも改めて別記事で詳しく解説して行きますね。

それでは本日は以上になります。

最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

ではまた。

 

トップページ