ジャンプ

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

今日は普段、自分が考える方法とは真逆(たぶんこっちが正攻法です。)の考え方で「お金の貯め方」に関してぶった切って行きたいと思います。

真逆の考え方?

 

そうです。でもこちらのほうが圧倒的に正攻法ですし、理解しやすいはずですよ。

まず、お金を貯める(増やす)方法というのは基本的に2通りしかありません。(ギャンブルとかはナシですよ。)

「支出を抑えるか」それとも「収入を増やすか」。

僕が普段から強く推奨し、自身でも実践しているのは断然後者の「収入を増やす」という方法です。収入の柱を1本に限定しないということも大切ですね。(もちろん1本を太くするのもアリですが、リスクヘッジの観点で複数のほうが良いと思います。)

僕の普段の考え方はこれです【貯金のコツ】お金は「貯める」ではなく「増やせば貯まる」と考える。

ただし、今回は敢えて前者の「支出を抑える」ということにフォーカスしてみたいと思います。こちらの方が断然一般的ですからね。もしも自身が「支出を抑える」としたら、どんなことを考えるだろうか?どんな作戦を立てて実践するだろうか?そんなふうに考えてみました。

僕でも実践可能なものですので、必ずどなたでもやれるはずです。(僕は支出を抑えるのが関東一苦手なはずです。)

ぜひ実践してみてください。

ではさっそく「支出の抑え方」。レッツゴーです。


スポンサーリンク

切りの良いところで、まずは100万

本来は目的も無く「貯金」をするのは難しいですし、そもそもそんな貯金はしないほうが良いのですが、今記事の趣旨とズレますのでそこら辺に関しては今回はスルーします。

まずは切りの良いところとして1年間で「100万円」を貯めることにしてみましょう。

「100万円」…。なかなかハードルが高いですか?

単純に12ヶ月で割ると83,000円程度ですね。さてどのようにして捻出していけば良いのでしょうか?

①既婚者で共働きの場合は話が早い。

既婚者で共働きの場合はまず「意識を共有」してみましょう。単純に半々にしてしまえば一人あたりの貯金額はまず41,500円まで落ちますね。

②口座を複数にする

これは一般的に有名な貯金のコツですよね。いろいろとお金を使って余った分を貯金するのではなく、貯金を主語にするということです。つまり毎月給与が振り込まれた時点で決まった金額を別口座に天引きしてしまうんですね。これは良いやり方ですよね。積み立てにしてしまえば下ろせませんからね。

  • 給与振込口座(必要経費はここから)
  • 積み立て口座(100万積み立て)
  • 普段使い口座(お小遣い的)

これくらいに分けておけば問題ないでしょう。給与が振り込まれた時点で分けてください。

③デビットカードの活用

デビットカードはご存じですよね。カードを切った瞬間、口座から引き落とされるアレです。

本来は通常のクレジットカードよりも安心して使えるはずのデビットカードなんですけど、ジツはそんなこともないんですよね。

みなさん基本的には口座はひとつしか持ってませんよね。つまり使えば使っただけ、どんどんどんどんお金が無くなってしまうわけです。口座にお金がある限り使えちゃいますからね。これでは貯まるものも貯まりませんって。

要は引き落としを、②で分けた「普段使い口座」からにするわけです。口座にお金が入ってなかったらそのカードは切れませんからね。ムダな出費を相当抑えられるはずですよ。ニコニコ現金払いと一緒なわけです。

ムダなカード支払いが多い方には効きますよ〜。

成功のポイントは「このカードしか持たない」ということですね。我ながらナイスアイディアです。笑

③ムダな固定費の見直し

これはいくらでも出てきそうですね。代表例はアレです…。そう…。

す ま ほ ❤︎

いったいいくら使ってます?これはガッツリ下げちゃいましょうね。

「格安sim」は名前くらいはご存じですよね?そうです。UQモバイルとかLINEモバイルとかのことですね。現在お持ちのキャリアスマホから切り替えるだけで、ぶったまげるほど料金下がりますから。大体ザックリ5分の1くらいになりますよ。
格安スマホならUQ mobile、だぞっ
LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

他にも見直せるものはまだあります。保険料の見直しもちゃんとやっておきたいですね。特に自動車保険ですね。保険会社さんに言われるがまま契約しちゃってませんか?保険料は絶対下がりますからきっちり見直しましょうね。
保険料を安く無駄なく【保険マンモス】

もうひとつ、僕のオリジナル美技を紹介しますね。それは…。

「賃貸物件の更新料」です。実際に僕が26万円も払わずに済んだ方法を紹介してますので是非参考にしてください。ムダなお金は一切払ってはいけませんよ。

【賃貸】マジで更新料高すぎだろ!僕が26万円浮かせた方法とは!?

④嗜好品やコンビニ、カフェを使う習慣

このあたりは言うに及ばずといったところでしょうか。

ムダな外食、意味の無い飲み会、お喋り目的やノマド気取りのカフェ。コンビニでのムダな買い物。全部辞めちゃいましょう。凄まじい金額になるはずですよ。

どうしても行きたい、買いたいのであれば、先程のデビットカードを使いましょうね。でも本当にもったいないですから、やめたほうが良いと思いますよ。

⑤同品質のものは格安スーパーでまとめ買い

これも節約家のみなさんは普通にやっていて当たり前の努力ですよね。

ティッシュやトイレットペーパー、ペットボトルのお茶、調味料などなど。こういうところをサボっちゃう人はたぶんお金は貯まらないんじゃないですかね。

まとめ

いかがでしたか?

これらを実践していけば、1年で100万の貯金など「屁のカッパ」です。どうです?無理難題な話では無いですよね。書かれていることはごく当たり前の節約術ばかりですので再現性は高いと思ってます。

是非参考にしてみてくださいね。

さて、5つの方法を紹介してみて思ったんですけど、これらはどうやら、普段僕が考えているやり方と真逆ということはないようです。

僕の持論は、「お金は貯めるではなく増やせば貯まる」とか「投資と思うならジャブジャブ使え」などです。つまりムダな金は使うなという今回のことと、とても似ているんですね。

やはり「お金を貯める」ための真理というかコツのようなもの、考え方などは道筋は違えど、着地点は同じなんだなとしみじみ感じてみたりしました。

ではまた^^

 

トップページ