ナガシマスパーランド

スポンサーリンク




こんにちは!オタ助です!

前回記事では全国にその名を轟かす絶叫パラダイス「フジQ」について徹底解説してきました。

【関連】富士急ハイランド2018混雑状況は!?裏技完全攻略で待ち時間なし!!
先週行ってきたよ!フジQ!
めめ
…………。
せぶ
…。んにゃ…。
ナナ
ごろごろ…。ごろ…。

 

フジQ楽しいですもんね!

さて本日はですね、そんなフジQに勝るとも劣らない絶叫遊園地をご紹介したいと思います。絶叫マシン好きなら必ずチェケラッチョするべきですよ!

どこー!?

 

はい。今回ご紹介したいのは三重県桑名市にある「長島スパーランド(ナガシマスパーランド)」になります。

すーぱーらんど?

 

いえいえ。スーパーランドではなく「スパーランド」です。

わたしたち東京人には正直あまり馴染みがありませんが、「ナガシマスパーランド」は東海地区においては最大級のレジャーランドとして堂々と君臨しているんですよ!

そうなんだー…!

 

スチールドラゴン2000を始めとする絶叫マシーンや、夏場は個性豊かなプールで来園者を楽しませてくれるんです!

そんな「長島スパーランド」ですが、もちろん超人気遊園地ですのでもれなく「あの問題」が発生します。

わかりますよね?

はい…。わかります…。

 

そう。

混雑(待ち時間)です。

やっぱり…!

 

ナガシマスパーランドは超がつく人気遊園地です。

お盆休みやGWなど繁忙期シーズンには大混雑によってアトラクションの待ち時間が長くなってしまうこともザラですので「せっかく遠くから遊びに来たのに乗りたかったアトラクションに乗れなかった…!チッキショー…!!」などいうオソロシイ事態にもなりかねません。

それはイヤよね…。

 

ですよね。

そこで本日はナガシマスパーランドでの混雑を少しだけでも避けることが出来るようにと、「ちょっとしたコツ」や「そもそもどの時期が混んでいるのか?」「平均的なアトラクションの待ち時間」などを詳しく解説していきたいと思います。

やった!

 

それではさっそく行ってみましょう。

レッツ、ナガシマスパーランド混雑回避っ!!


スポンサーリンク

ナガシマスパーランドの混雑状況や待ち時間

まずは1年の中で「どの時期が混んでいるのか?」から解説していきましょう。

基本的には「富士急ハイランド」や「東京サマーランド」など、他所の遊園地と混雑時期は変わりませんが、地域特有の傾向もありますので注意してくださいね。

はい!

混雑予想【1月〜3月】

1月についてはそれほどの混雑はないようです。

もちろん土日祝や連休はそれなりに混雑しますが、夏休みシーズンやGWに比べれば屁のカッパです。

ちなみに一番人気のアトラクション「スチールドラゴン2000」でも待ち時間は15分ほどですよ。

しかし。

2月に入ってからは「彼ら」の春休みです。

大学生ね!

 

そうなんです。

それに加えて3月後半からは高校生なども春休みになりますので、平日でもそれなりに混雑してきてしまうんですね。

混雑予想【4月〜6月(GW)】

4月の第1週、第2週あたりまでは春休みの影響を受けますが、それ以降の2週間ほどは穴場的な期間になりますので狙い目です。

その先が恐怖のゴールデンウィークですよね。

ここが前述した「地域特有の傾向」なのですが、長島スパーランドがあるこの地域は「世界のトヨタ」のまさにお膝元です。

ゴールデンウィークは、そのトヨタ系列の社員さんがご家族連れで多く来園しますので、例年とても混雑してしまうわけですね。

たしかに地域特有ねー!

 

「開演時間は9:30だし、どっかでゆっくり朝ごはんでも食べて9:00頃に着けばヨユーっしょ。」なんてナメてると大変なことになりますよ。

9:00到着狙いで長島スパーランドに向かうと周辺道路や入り口で大渋滞にハマってしまいます。(酷いときは最寄りのインターから1時間半以上かかることも!)

大渋滞…!
もしも行くなら何時くらいを狙って行けばいいの?

 

そうですね。もしもこの時期にしか行けないようであれば「8時前には駐車場内に入っている」ことが大事です。

この時間でしたら大渋滞を避けられる可能性が飛躍的に高まります。

ですので朝ごはんはどこかで買っておくなど「持参して」車の中などで食べるつもりでいましょう。

時間は有限です。避けられる混雑はしっかり避けましょうね。

アトラクションや売店の混雑は?
早くに到着しちゃえばあとは安心?やっぱり園内も混むよね?

 

はい。8時前に駐車場に入って安心してはいけません。

この時期の人気アトラクションの待ち時間は60分を軽く超えてきます。

やっぱり…!

 

ですので朝のムダな待ち時間は極力避けるべきなんですね。

昼食時の売店の大行列も(お店によっては)大変なことになってますので、予定は前倒しで組んでちょうどいいくらいですからよ。

はい!

 

何はともあれ、ポイントは朝の到着時間に尽きます。

朝から時間に余裕を持って行動しましょうね。

混雑予想【7月〜8月(夏休みシーズン)】

子供たちは夏休みに入り、オトナはお盆休み…。

この時期は当然ですが1年で1番混雑する時期になります。

そりゃそうだ…!

 

特にお盆の期間は花火大会と重なってしまいますのでそりゃもう凄まじい混雑です。

混雑回避のポイントについては前述したゴールデンウィークの時期と同じですが、人気アトラクションを制覇するには逆にこの時期がオススメという見方もあります。

ん〜…?

 

7月から9月上旬まで、ナガシマスパーランドでは「ジャンボ海水プール」なるものが始まります。

東海圏にお住まいの方々はこのジャンボ海水プールに夏を満喫しに行きます。

ジャンボ海水プールは平日でも混雑している日が多く、土日祝日ともなれば休憩スペースを確保するのも困難ですし、プールの中はまさに「芋洗い状態」です。

あっ!わかった!

 

はい。そうなんですね。

この期間中、みんなが向かうプールではなく敢えてアトラクション方面に向かうわけです。

そうすれば比較的スムーズにアトラクションを楽しむことが出来ますし、朝から回ればおそらくアトラクションは制覇できるはずですよ!

入場口はジャンボ海水プールと共通ですので一見混雑してるようですが、大半の人はプールに向かいますので他の時期と比べ悠々とアトラクションを楽しむことができるんですね。(まぁかなり暑いですが。笑)

混雑回避のポイントはGWと同じと前述しましたが、その混雑具合は比になりません。早朝8時までに到着出来そうもないのであればこの時期の来園は諦めたほうがいいかもしれません。通常20分〜30分の道のりが2時間以上かかることもザラです。
花火大会当日はさらに大混雑!

夏になるとナガシマスパーランドでは大規模な花火大会が開催されます。

やった!

 

例年ですとお盆時期は毎日、その他は8月〜9月第1週の土日に開催されています。昨年の開催日程は以下です。(今年も同じように土日とお盆に開催されると思いますよ。)

【開催期間】

2017年8月5日(土)〜9月3日(日)

【期間中の開催日】

8月5日(土)、8月6日(日)

8月11日(金)~16日(水)

8月19日(土)、20日(日)

8月26日(土)、27日(日)

9月2日(土)、3日(日)

【打ち上げ時間】

20:00~20:25

 

すごーい!太っ腹ね!

 

たしかに太っ腹なんですが、開催当日の帰りの大渋滞は「まじでハンパない」ですからね!

本当にしばらく駐車場から出られなくなりますので、もしも車で行く場合はできるだけ駐車場の出口付近に停めることをオススメします。

出口付近のほうが圧倒的に出やすいですからね!

混雑予想【9月(夏休み明けは?)】

さて、子供たちの夏休みも終わり、すっかり秋めいてくる過ごしやすい季節です。

もちろん夏休み期間などに比べればその混雑具合は落ち着いてきますが侮るなかれ。

まだ混むの?

 

はい。まだまだ暑い日もありますので週末などはしっかり混雑します。

特に最後の花火が開催される第1週などは凄まじい混雑が予想されますので行かれる方はそれなりの覚悟を決めて行きましょう。笑

また、敬老の日の週や秋分の日の週は3連休が続きますからココは要注意ですよ!

混雑予想【10月〜11月】

10月に入れば混雑はすっかり落ち着いてきますが、やはり10月の体育の日の3連休は相当混雑するはずです。

もしもこの頃を狙って行かれる場合は3連休後の週末などがいいかもしれませんよ。

11月は敬老の日の3連休を避ければ問題ないと思います。

混雑予想【12月(クリスマス、カウントダウン)】

意外かも知れませんが、12月の前半というのはかなり空いてるんです。

そうなんだー…!

 

はい。特に平日はかなり空いていてスチールドラゴン2000などの人気アトラクションもほぼ待ち時間なしで乗れるようです。

逆に来園者数が少なすぎてアトラクションによっては運転を見合わせることもあるんですって。

土日は?

 

土日に関しては「それなりに」は混雑するそうですが、やはり繁忙期に比べればどうってことはないはずです。

しかし12月も後半戦に入ると状況は一変します。

クリスマスシーズンはカップルたちで賑わい、特にカウントダウンのときは入場数時間前から混雑が始まり、終了後の混雑は凄まじいモノがあります。

暖かい格好していかなきゃね。

ナガシマスパーランドで混雑を避けて楽しむコツ!!

それでは長島スパーランドで出来るだけ混雑を避けて楽しむ方法を徹底解説していきましょう!

オネガイシマス!

 

①混んでる日は避けるべし!

まずは、当たり前っちゃ当たり前なのですがキソ中のキソですのでいちおう。

 

混んでる日は避けてください。

 

軽く前述しましたが、通常の平日でしたら人気NO.1の「スチールドラゴン2000」でもその待ち時間は15分程度です。

ましてや「ジャンボ海水プール」がオープンしている期間の平日でしたら5分ほど並べば乗れることもしばしば。

ごふんっ!?

 

これ本当ですからね。

入場ゲートは大混雑ですが、そのほとんどはプール目当てのお客さんです。

「芋洗い状態」のプールを横目にガンガンアトラクションを楽しんじゃいましょう!

はいっ!

 

しかし、土日祝日しかなかなか都合がつかない方もいらっしゃると思います。

そうよね…。

 

そんな毎日忙しく頑張っているそこのあなた…。

 

大丈夫ですよ。

 

もちろん基本的には土日祝日やGW、夏休み期間、学生さんの春休みは混雑しますが、そんな中でも「イベントが行われていない土日」というのは意外に穴場です。

ぜひそちらを狙って遊びに行ってみてください。酷い混雑は避けられるはずですよ!

イベントが行われている土日や学生さんの休み期間はまじで混雑します。あくまで目安に過ぎませんが「スチールドラゴン2000」や「ホワイトサイクロン」といった人気アトラクションの待ち時間は酷いときで2時間を超えてきます!

②前ノリでオフィシャルホテルに宿泊するべし!

ナガシマリゾートには「ガーデンホテルオリーブ」「ホテルナガシマ」「ホテル花水木」というオフィシャルホテルがあります。

これらオフィシャルホテル宿泊者は、何と開園時間の10分前にナガシマスパーランドに入園することが出来るんです!

朝の大混雑時の10分はけっこう大きいんじゃない!?

 

まったくその通りなんです。

一般のお客さんより圧倒的に早く人気アトラクションに並べますのでこれは本当にデカいですよ!ちなみにこの「10分早く入園出来る特典」のことを「アーリーエントリー」といいます。

それに、そもそもやっぱり「万全の体調で思いっきり」絶叫アトラクションを楽しみたいですもんね。

朝の大渋滞でヘトヘトで入園するより、前の晩は美味しいものを食べて、ゆっくり温泉に浸かって、翌日めいっぱい楽しむのが絶対イイと思います!

 

 

【長島スパーランドオフィシャルホテル】

ガーデンホテルオリーブ

季節を彩る花々と素敵な笑顔が集う、緑豊かなリゾートホテルです。爽やかなおもてなしで、リゾートタイムを演出!(料金14,040円〜)

ホテルナガシマ 

ホテルの機能と和のイメージを基調にした新しいタイプの洋室。「ゆとり」と「癒し」がメインテーマです!(料金15,120円〜)

ホテル花水木 

自然と情緒を愛する日本の心を原点におもてなし。花水木には笑顔と潤いの溢れるひとときがあります!(料金20,520円〜)

ちなみに「ホテル花水木」はめっちゃよかったですよ!

こちらはオフィシャルホテルのなかで最上級のホテルで、ナガシマスパーランドへは専用通路を使って徒歩約2分、 隣接する湯あみの島にも徒歩約5分で行けます!

加えて、各部屋のお風呂も天然温泉ですから!

すごーい!

 

③前ノリしないなら前売り券を買っておこう!

前述の通り、ナガシマスパーランドを存分に満喫するのでしたら「前ノリ」しておくことが筆者的には猛烈プッシュなのですが、なかなかそうもいかない場合もあると思います。

そうよね…。限られたお休みの中だから時間の心配もあるし、家族連れだったらお金のことだって心配よね…。

 

はい。そうなんですよね。

そんなときは必ず「前売券」を購入しておきましょう。

前売り券?
めめ
せぶ
ナナ

 

もちろん当日券も販売されてますが、夏休み期間やGWなど繁忙期などの混雑時には園外のチケット売り場は大行列です。

まだ入園すらしてない段階で並ばなくてはいけないなんてバカバカしいですよね。

こういった遊園地などでは「避けられる混雑」と「しかたがない混雑」というものがあると思うんです。

たしかに!

 

面倒くさがらずに前売り券を事前購入しておけば、当日の引き換えもありませんしチケット売り場の長ぁ〜い大行列に並ぶことなく入園することができます。

時間は有限ですからね。

できるだけ時間のロスは小さくしていきましょう!

※前売券は当日購入も可能ですよ!

 

【前売券の販売場所】

  • 伊勢湾岸自動車道 / 湾岸長島パーキングエリア売店(7:00〜)
  • ファミリーマート / Famiポート
  • セブンイレブン / マルチコピー機
  • サークルKサンクス / Kステーション

 

 

④アトラクションの順番も大事!

今回ご紹介している長島スパーランドにおいて、人気ナンバーワンのアトラクションといえばやはり「スチールドラゴン2000」です。

 

いかがですか?

チビリそうですよね。笑

めっちゃ楽しそう!

 

しかし。

人気ナンバーワンですので繁忙期の混雑時などですと大変な行列になります。(酷いときは2時間前後)

ですのでこのような人気アトラクションは朝イチで乗ってしまうのがいいんですよ。

朝イチ!?

 

はい。

開園と同時に猛ダッシュで向かえば15分〜20分程度、長くても30分程度で乗車できるはずです。

また、朝イチでスチールドラゴン2000を攻略してしまう理由がもうひとつあります。

混雑を避ける以外に?

 

そうなんです。

混雑を避けるというのも大きな理由なのですが、もうひとつの理由は「確実に乗るため」なんです。

ジツはスチールドラゴン2000は安全のために毎日「営業時間中に点検をする」んですね。

この安全点検の結果次第ではその日の運転が中止になってしまうことがあるんです。

それはこまる…!

 

ですよね。

この安全点検の時間というのは「午後イチバン」なんです。(13時頃に行われることが多いようです。)

なるほど!

 

はい。せっかく楽しみにしてたのに結局乗れなかったなんてつまらないですよね。

ですので「混雑を避けるため」にも「確実に乗るため」にもスチールドラゴン2000は朝イチで攻略しちゃってくださいね!

はい!

 

スチールドラゴン2000の次はアクロバット!

スチールドラゴン2000のすぐとなりに「アクロバット」という絶叫アトラクションがあります。

どうです?

こちらはまだ比較的新しいマシンですがなかなかのものですよね!

動画の通り、アクロバットは世界最大級のフライングコースターとなっていて、地上43mまで上昇し“まさかのうつぶせ”のまま急降下しちゃうんですよ!

全長1,021mのコースには360度宙返りループが4回!キリモミしながら駆け抜けるコークスクリューなど絶叫好きにはたまらないはず!

すごーい!スチールドラゴン2000が終わったら、これに乗ればいいのね!?

 

はい。

ここでアクロバットに乗らず「ホワイトサイクロン」や「ジャイアントフリスビー」など他の人気アトラクションに向かってしまうと大きく時間をロスってしまいます。

なるほどね!移動距離が長いってことだ!

 

そうなんです。

ホワイトサイクロンやジャイアントフリスビーに行きたい気持ちはわかりますが、それでは非常に非効率ですのでまずは「スチールドラゴン2000」からの「アクロバット」という順番がオススメですよ!

⑤優先券をゲットせよ!

誰だって混雑している日は避けたいモノですが、どうしてもそういう日にしかお休みを取れないこともあります。

混雑すれば当然ですが待ち時間も長くなってしまいますよね。

そうね…。

 

待ち時間が長くなってしまったために乗りたかったアトラクションに乗れなかったというのは切ないモノです。

そうならないために利用出来るのが「乗車優先券」になります。

フジQの絶叫優先券みたいなヤツ!?

 

そうなんです。

フジQの絶叫優先券同様にナガシマスパーランドにも乗車優先券があるんですね。

こちらの乗車優先券は「土日祝」や「混雑予想日」において「待ち時間が30分以上になったとき」に販売されます。

こういうの助かるわよねー。

 

本当にサクサク乗れますからね。

特にこの長島スパーランドの乗車優先券は「指定された時間に行く」のではなく、「買ったらすぐ乗車」ですので爽快ですよ!ぜひ活用してくださいね!

※料金は1アトラクションにつき1回1,000円です。(平日は500円)

⑥早め早めの行動!

さて、開園から2時間程度で人気の絶叫アトラクションは2つ攻略できましたね。(スチールドラゴン2000とアクロバット)

ここで早めのランチタイムにしちゃいましょう。

朝も早かったことですしお腹も空いてきているはず。

ほんとね!

 

11:00〜11:30あたりでしたらどの飲食店(飲食施設)でも並ばずにランチを楽しめるはずですよ!

前述しましたが「避けられる混雑」は「しっかりと」「当たり前に」避けていきましょう!

混雑のピークは15:30ころ!

15:00を過ぎると、この時間から入園することが出来る「割引パスポート」を使って多くの人が長島スパーランドにやってきます。

その後、15:30〜16:00頃になると入園者数はピークを迎え、すべてのアトラクションを制覇することが困難になってきてしまいます。

そうなんだ…!

 

ですのであまり昼食などでモタモタせずにサクサクと目当てのアトラクションに向かいましょう!勝負は15:00までですからね!効率よくまわってください!

はい!

 

ここまでの①〜⑥と最初のほうで解説した「駐車場について」を徹底すると、かなりの精度で長島スパーランドを満喫できるはずですよ!


スポンサーリンク

ナガシマスパーランドの混雑状況と完全攻略7つのコツ!!アトラクションの待ち時間は!? まとめ

いかがでしたか?

本日は「ナガシマスパーランドの混雑状況と完全攻略7つのコツ!!アトラクションの待ち時間は!?」と銘打ち、東海地方の絶叫遊園地「長島スパーランド」について、その混雑状況や混雑回避のコツなどを徹底解説してきました。

梅雨が明ければいよいよ夏休みシーズンですからね!

今年も楽しい思い出をたくさん作ってください!

それでは本日は以上になります。

最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

ではまた^^

 

長島スパーランド「ジャンボ海水プール」については別記事で詳しく解説していますのであわせてごらんください!

【関連】長島スパーランドプール2018混雑予想と攻略方法!!料金は!?持ち物は!?ジャンボ海水プールを遊び尽くせ!!

 

トップページ