貯金箱

 

スポンサーリンク




みなさーん。もしかして…。

大型連休でお金使い過ぎちゃってませんか?

たまには散財も気持ちいいですが、ふだんはちゃんと貯金・節約しないと、後で痛い目見ちゃいますからね。

 

こんにちは、オタ助編集部です。

今日はですね、「貯金のコツ」についてお話していきたいと思います。

貯金の方法は世の中に腐るほどたくさんありますが、あまりガマンしすぎたりすると

「心の豊かさ」が失われていってしまいますからね。

もちろん多少のガマンは必要だとは思うんですが、それよりもポイントは

「普段使いのものを、いかに安く抑えるか」

だと思うんです。

今回はそのあたりにググッとフォーカスしてお話していきますね。

では「貯金のコツ」。

さっそくレッツゴーです。


スポンサーリンク

一番抑えるべきはスマホ。アホくさいです。

普段使いのものを抑える…。

一言にそう言ってもいろいろなものがありますね。

電気代、ガス代、水道代といったライフラインを節約するのはもちろん、ガソリン代、トイレットペーパーなどの日用品もそうですね。

毎日の食事だってそうです。

工夫次第でいくらだって抑えることが出来ます。

しかぁ〜し。

そんな中で、圧倒的に、そしてぶっちぎりで「無駄」なのが

キャリアスマホ

です。

キャリアっていうのは、例えば「au」「docomo」「soft bank」といったいわゆる大手の通信事業者のことです。

つまりキャリアスマホっていうのは普段アナタが「スマホ」と呼んでいるもののことです。

「う〜ん??キャリアじゃないスマホなんてあるの?」

なんて思っちゃったんじゃないですか?

アタマの中が「スマホ = キャリアスマホ」になっちゃってますね。それではいけません。

今どき「キャリアスマホ」を使うなんて余りにもなんてもったいないですよ。

「格安スマホ」

って聞いたこと無いですか?

3姉妹のCMが印象的な「UQモバイル」や、のんちゃん(能年玲奈ちゃん)が出演している「LINEモバイル」がそれです。

UQモバイルについてはこちらの記事に詳しく書かれてます。(現在auのスマホをご使用の方はこちらです)

LINEモバイルについてはこちらの記事に詳しく書かれてます。(現在docomoのスマホをご使用の方はこちらです)

 

この手の話は、引っ張りすぎると眠たくなりますので先に結論を…。

僕は年間で「96,000円」浮きました。(たぶんそれ以上。)

これは、キャリアスマホから格安スマホに変更するだけの話です。

もちろん使っているスマホはそのままです。(スマホの中に入っている「sim」という小さいチップを変えるだけです。)

本当に何でまだ多くの人が変更してないのか不思議でたまりません。

怪しいんですかね?

「怪しいな…。」なんて思っちゃったアナタ。

大丈夫ですよ。ぜんぜん怪しくなんてないですから。

この「格安スマホ」の旗振り役は総務省なんですよ。

どんな事業でもそうですが、携帯電話事業も同様に「大手3社が独占した状態」のままでは、価格の競争が起こりづらくなります。

つまり「消費者の不利益」になってしまいますよね。

本来はもっと低価格で提供出来るモノに対して、無駄に高い料金を支払わされてるワケですから。

「それじゃまずいから、アンタのとこの通信インフラを他の事業者に貸しなさいよ。」

っていう御上からの鶴の一声があったというわけです。

(簡単に言えばですよ。詳しくはUQモバイルLINEモバイルをご覧になってくださいね。)

参考:総務省公式HP

 

今は誰でも持っているスマホですが、要は「通話」「SNS」「サイトの閲覧」「YouTube」程度が過不足なく使用出来ればほぼ問題ないわけですよね。

だったらさっさと切り替えちゃったほうが良いですよ。早ければ早いほうが当然お得です。その分お金が浮いていきますからね。

 

LINEモバイル公式ページを見てみる
↓↓↓

UQモバイル。だぞっ
↓↓↓

 

まとめ

スマホ代を節約して「貯金」することについてお話してきましたがいかがでしたか?

まったく知らない状態からだとわかりづらいかもしれませんが、ホントに良いことしかないので、出来るだけ早めに変更手続きをしちゃってバッチリ貯金しちゃってくださいね。

これだけで毎年の家族旅行代が丸々浮きますよ。

ではまた^^