梅干し

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

いよいよ暑さも本番を迎えてますよね。

昨日の夜のニュースのお天気コーナーで、可愛いお天気お姉さんが「9月いっぱいまでは30℃を下回ることはないですよ〜❤︎」ってニコニコしながら言ってました。笑

9月いっぱいっ!?
せぶ
ナナ
…。

 

ここからおよそ3ヶ月間もこの暑さが続くかと思うとさすがにキツいですよねー…。

もちろん海水浴やプールで遊んだり、ビアガーデンなんかでも暑いほうが良いのはわかってますけど、「もうちょっと落ち着いてくれると助かるな〜…。」なんて思ったりしちゃいます。

 

「海水浴」「プール」「ビアガーデン」については

宮古島おすすめビーチ3選!おい!その海、綺麗すぎるだろ!
【2017最新】東京サマーランド「混雑回避完全攻略ガイド保存版」
超絶景ビアガーデン!高尾山ビアマウントがヤバいぞ!2017最新版

に詳しく記載されています。

 

さて今日はですね、そんな暑さのせいで夏バテしてしまわないためにも必須な栄養素である

「クエン酸」についてお話していきたいと思います。

クエン酸っ!

 

はい。クエン酸です。有名ですよね。

しかし、クエン酸という名前だけは知っていても、その詳しい効果正しい摂取の仕方はあまりご存じない方が多いのではないでしょうか。

確かにそうかも…。なんか酸っぱいものに含まれてるんだっけ?

 

そうですそうです。

その辺りのことも含めて詳しく解説していきますね。

それではさっそく行ってみましょう。

レッツ、クエン酸っ!!


スポンサーリンク

そもそもクエン酸って何だっけ?

平たく言えば「クエン酸」というのは「酸味成分」のことです。(食品に含まれる酸味成分は有機酸と呼ばれ、クエン酸もその1つです。)

あなたも「梅干し」「レモン」を食べると「酸っぺ〜っ!!」となりますよね。あの酸味の正体こそが「クエン酸」になります。

それではそのクエン酸に期待出来る効果とはどんなものが挙げられるのでしょうか。

クエン酸の効果

疲労回復

私たち現代人にありがちな不規則な生活や、激しい運動加齢、または過度なストレスなどによって、体内でうまくエネルギーを作ることが出来なくなる状態のことを「代謝が悪い(悪くなる)」と言います。

代謝が悪くなってしまいますと疲労物質である「乳酸」が体内に蓄積され

「なんか疲れが抜けないんだよねー…。」

「最近、太りやすくなったかも…。」

などと感じることが増えてきます。

クエン酸にはそんな「代謝の乱れ」の原因となる乳酸の生成を抑制する働きがあるとされています。

そうなんだっ!?

 

そうなんですよ。

また、クエン酸は「継続して摂取する」ことが大切です。

継続して摂取することによって、疲労の原因である乳酸の分解、また肥満の原因である脂肪を燃焼をしてくれる働きがあるんです。

このように「乳酸の分解」「脂肪の燃焼」を促すことで、身体全体の代謝が良くなり(エネルギーに変わり)、結果的に疲労物質を体内に蓄積させず身体が疲れにくくなるわけなんですね。

また、私たちの身体には糖質や脂質をエネルギーに変換してくれる「クエン酸回路」というものがあります。

このクエン酸回路でクエン酸が不足すると、糖質や脂質がうまくエネルギーに変換されずに、乳酸として蓄積されていきます。

ですので、体内でクエン酸が不足してしまわないように継続して摂取していくことが大切なんですね。

老廃物の分解・排出

クエン酸は肝臓での脂肪の代謝を高め、体内の老廃物を分解・排出させます。

老廃物が体外へ排出されると、「身体の血流が改善される」という効果が期待出来るんです。

日々感じるストレスや、脂肪分の多い食生活で私たちの身体の血流はドロドロになりがちです。

血液がドロドロの(ph値が酸性に傾いている)状態ですと様々な病気(生活習慣病)のリスクが高まってしまいます。

  • 脳梗塞
  • 心筋梗塞
  • 動脈硬化
  • 高血圧
  • 腎臓病
コワいわね…。

 

血流をサラサラに(ph値が弱アルカリ性)保ってあげれば、前述のコワ〜い病気を予防できるだけでなく、「美肌効果」「新陳代謝の促進」など、いくつものメリットを得ることが出来ます。

キレート作用

レモンイラスト

クエン酸には「ミネラル」や「ビタミン」の吸収を促進する「キレート作用」と呼ばれるものがあります。

キレートって、なんか聞いたことあるかも…。

 

そうですね。商品名にも使われてますから「キレート」という言葉自体はかなり浸透してますよね。なんとなく「綺麗」になれそうな良い名前です。笑

ポッカサッポロ キレートレモン モイスチャー Moisture  155ml 6瓶×4セット

 

ミネラルやビタミンは私たちの身体を健康に保つために非常に重要なものであるにも関わらず、現代人はこれらが不足がちになってしまっています。

クエン酸のキレート作用を利用して、ミネラルやビタミンを効果的に摂取したいものですよね。

アンチエイジング効果と呼ばれるいわゆる「老化防止」ですが、これにはキレート作用が大きく関わっているんですよ。


スポンサーリンク

クエン酸を継続して摂取するには

継続してクエン酸を摂取していくにはどうしたら良いでしょうか。

前述しましたがクエン酸というのはあの「酸っぱい」成分ですからね。いくら身体に良いと言われても、たくさん摂取することはなかなか難しいと思います。

筆者が個人的にオススメしたいのはやはり「はちみつ」を使って食べやすくしていくことですね。

はちみつを塗した梅干しレモンのハチミツ漬け、などが最も簡単だと思いますよ。

わたし「ハチミツ梅」大好きっ!自家製で作ると美味しいよね!

 

そうなんです。やはり自家製のほうが格段に美味しいんですよね。

ハチミツ梅などは普通にスーパーなどでも販売はされてますが、あれらは正直あまり美味しくないんですよね。ここはやはり自家製でやってみてほしいです。

ポイントはしっかりと「塩分が効いた昔ながらの梅干し」を使うことです。よくある「減塩」の梅干しですと、ハチミツの甘さに負けてしまいます。

これは美味しいですし、しっかりとクエン酸も摂取出来ます。夏場に不足してしまう塩分もしっかり摂取出来ますしね。

好みによるとは思いますが、筆者はあまり漬け込まずに、塗したらすぐに食べるのが好きです。

はちみつについてはこちらの「はちみつの効能と栄養成分に驚いた!寝る前摂取でダイエット効果も!?」に詳しく記載されています。

 

また、クエン酸はしっかり摂取したいけど「あまり手間はかけたくない」とか「塩分量が気になる」といった人は、クエン酸そのものを水に溶かして摂取してみましょう。

こちらのクエン酸は純度99.5%ですのでぜひ試してみてください。小さめのグラス1杯(250cc)に小さじ半分を溶かすだけでOKです。

 クエン酸 1kg メール便送料無料

クエン酸の効果 まとめ

いかがでしたか?

本日は「クエン酸の効果がやっぱり凄い!疲労回復、老廃物の分解・排出作用も!」と銘打ち、クエン酸の効果や摂取方法などを解説してきました。

クエン酸の凄さがおわかり頂けたのではないでしょうか。

前述しましたが、今年の暑さは大変なことになりそうです。

クエン酸でしっかり体調を整えて猛暑を乗り切っていきましょうね!

ではまた^^

 

トップページ