働く

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

サラリーマンのみなさん。お仕事おつかれさまです。

口が臭くて頭の悪い偉そうな上司やコントロールの効かない(ガキんちょ)部下に悩まされ、毎日お疲れのことと思います。ほんとウンザリですよね。ネジを締め直してやろうと思ったら、そもそもネジを入れる穴が無かったなんていう経験もあるのではないですか?

そんな私たちの心と身体を癒やしリフレッシュさせてくれるのが「祝日」ですが、特に気になってしまうのが「勤労感謝の日」ですよね。「オレのための休日だ!」なんて、日本のあちらこちらから漏れ聞こえてくるようです。

それ毎年言うでしょ。笑
せぶ
ごろごろ…。
ナナ
んにゃ〜…。

 

勤労感謝の日というのは「勤労をたつとび、生産を祝い、国民互いに感謝し合う」という趣旨のもと、1948年に国民の祝日として制定されました。

うーむ。もっともらしい趣旨です。

しかし。

ジツはこの「勤労感謝の日」という名称も趣旨も本来あったものとはかなり違うものなんですよ。

そうなの!?働く人のための休日じゃないってこと?

 

はい。そうなんですよ。

本来、11月23日の「勤労感謝の日」というのは「勤労に感謝する日」でもなければ、「働く人たちに感謝する日」でもありません。

本日はその「勤労感謝の日」の本来の意味について詳しく解説していきたいと思います。けっこう意外なお話も出てくるかもしれませんよ?

それではさっそくレッツゴーです。


スポンサーリンク

勤労感謝の日の本来の意味って?

もともとこの11月23日というのは「勤労感謝の日」ではなく「新嘗祭(にいなめさい)」と呼ばれる祭日で非常に重要な宮中祭祀が執り行われる日でした。

新嘗祭とは天皇が国民を代表して五穀豊穣を願い、神様への感謝を捧げるための祭りのことです。

平たく言えば「収穫祭」ですね。

稲穂

現在の日本は当たり前に様々な職種が存在してますよね。しかし昔の日本はというと国民のほとんどが農民で、その年の秋に新穀(新米や穀物のことです。)が一定量収穫出来るかどうかは生きるか死ぬかというほど重要なことだったんです。

ですので五穀豊穣を祈り、感謝するという祭事は、現代においては考えられないほどの意味を持っていたわけです。

しかし。

日本は「第二次世界大戦(太平洋戦争)」で敗北します。

この「第二次世界大戦(太平洋戦争)での敗北」で日本はGHQの支配下に置かれます。GHQは日本の徹底的な弱体化を狙い、天皇や神道などに関わるあらゆるものを排除していきました。

GHQは日本国民から「天皇や皇室に関係したもの」を徹底的に切り離そうとします。天皇という当時の絶対的な精神的支柱を失わせることにより日本と日本国民に空虚感を味わわせ骨抜きにしようと考えたわけです。

もちろん新嘗祭も例外なくその対象となり天皇と国民は切り離されることになります。この後「新嘗祭」は宮中のみでの祭祀となり現在に至ります。

同時に11月23日は「勤労感謝の日」という本来のものからは遠い意味を持った祝日へと塗り替えられました。

勤労感謝の日にはそんな歴史があったんだ!?

 

ちなみに、昔の新嘗祭は「旧暦11月の2回目の卯の日」に執り行われていて、特に日付が固定されているわけではありませんでした。

明治6年に暦が現在のものに変更されますが、このときに新嘗祭の日付も11月23日に固定されます。

この年の新暦11月2度目の卯の日が11月23日だったんですね。翌年以降もそのまま11月23日に執り行われることになりました。

どうりで新米の時期と少しズレてるはずですよね。

勤労感謝の日は新嘗祭。ごはんが食べられることに感謝

 

定食

 

もちろん働いてくれている人に感謝するというのも良いことですが、前述の新嘗祭のことも忘れずに「お腹いっぱいごはんを食べられる」ということにも感謝したいものです。

飽食のこの時代に、なかなかそういう機会って少ないですからね。

普段何気なく食べているお米だって、私たちが口にするまでに色々な人の努力や苦労があります。11月23日の勤労感謝の日にはそんなことを重いながら美味しくごはんをいただきましょう。

感謝の心ってすごく大切です。

 


スポンサーリンク

勤労感謝の日 まとめ

いかがでしたか?

本日は「勤労感謝の日に働きたくないと嘆く君に、本当の意味や由来を話そう。」と銘打ち、勤労感謝の日の本当の意味や由来をお話してきました。

意外と知らなかったこともあったのではないでしょうか?

まぁいろいろとお話してきて今更言うのも何なのですが、やはり勤労感謝の日は私たちも感謝されたいですよね。笑

毎日一生懸命勤労してるわけですからね。

人と人がお互いに労り合えばそれが一番良いのかもしれませんよ。

 

ちなみに筆者が「この米まじで美味ぇな!」と思うのは2銘柄。

「つや姫」「ミルキークイーン」です。このふたつは是非食べましょう。

千葉県産 ミルキークイーン 10kg (5kg×2)

新米山形県産米「つや姫」精白米5kg

私はミルキークイーンかなっ!ミルキークイーンのTKG最高ですよ!

 

 

ではまた^^

 

トップページ