インフルエンザ

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

毎年冬場になると猛威を振るうインフルエンザですが、今年はやや早い段階から流行の兆しが見られるようです。

すでに複数の小学校で学級閉鎖という事態になっていて、小さなお子さんや高齢者の方は特に注意が必要になります。

今年は早いんだ…。コワいわね…。
めめ
…。
せぶ
…。
ナナ
んにゃ…。

 

ひと言に「インフルエンザ」と言ってもその種類は様々ありますが、冬場のインフルエンザシーズンにおいてその中心となるのは「インフルエンザA型です。

近年は「インフルエンザB型」もその流行頻度が高まってきてますが、A型のほうが流行期間もやや長く、その発生時期も早いですのでとりわけ注意が必要になります。

また重症化しやすいのもこの「インフルエンザA型」になります。「インフルエンザ」と聞いて多くの人がイメージする症状のほとんどはA型のものです。

本日はそんな最も流行性の高い「インフルエンザA型」の症状や特徴、潜伏期間などを詳しく解説していきたいと思います。

さっそく行ってみましょう。


スポンサーリンク

インフルエンザA型とは

インフルエンザの中でも流行性が強く重症化しやすいインフルエンザA型ですが、原因となるインフルエンザA型ウィルスには他のインフルエンザウィルスには無い特徴が有り非常に危険です。

インフルエンザA型の症状や特徴

インフルエンザA型には多くの人がイメージする特徴的な症状が見られます。

  • 38℃〜40℃の高熱
  • 悪寒や寒気
  • 全身に及ぶ関節痛や筋肉痛

これらの症状が急激に現れる場合は「インフルエンザA型」の可能性が極めて高いと言えます。

すごいわかる。私が去年なったときも39℃以上出たもん。

風邪との違いを見極める

一般的な風邪との違いは、喉や鼻などの症状(クシャミや喉の痛み)よりも先に「全身症状」が現れる点です。

いわゆる風邪の場合には喉の痛みや咳、鼻水、クシャミなどの症状が出てから全身の倦怠感や発熱が起こりますが、「インフルエンザA型」の場合は何よりも先に全身症状が起こります。

また急激な高熱症状も特徴のひとつではありますが、免疫機能が弱まっている高齢者などは熱が上がらない場合がありますので注意が必要です。

大切なのは安易な自己判断をしないことです。インフルエンザが疑われる場合は速やかにお近くの医療機関を受診しましょう。

インフルエンザA型ウィルスは種類が多く免疫が出来にくい

インフルエンザA型のウィルスは100種類以上存在します。

そんなにあるのっ!?

 

そうなんですよ。凄い数ですよね。

インフルエンザA型のウィルスは、単純計算でも144通りの型が生まれる可能性があるんです。

そのためウィルスに対応出来る免疫を持っていない状態が多くなりますので、イコール感染しやすく(流行性が高く)、世界的な大流行(パンデミック)が引き起こされてしまう可能性があるんです。

またインフルエンザA型というのは「ヒト以外」にも感染します。

そうなの?

 

冬場になると「鳥インフルエンザ」や「豚インフルエンザ」というものを耳にしませんか?これらは今回のインフルエンザA型の一種なんですよ。

インフルエンザA型ウィルスはヒト以外にも感染するものが多くありますので、多様なウィルスが出現してしまうわけなんです。

また、通常はトリなどに感染するウィルスと、ヒトに感染するウィルスは別なのですが、「ウィルスが変異を繰り返す」うちに、「ヒトに感染する」ものに変異してしまうことが稀にあるんです。

このような場合、私たち人間の身体には新たなウィルスに対する抗体がまだ出来ていないため、非常に感染しやすく重篤な症状になりやすいという特徴があります。

コワいわね…。

インフルエンザA型とB型の違い

同じインフルエンザでもA型とB型、C型にはいくつかの違いがあります。

それぞれの違い(特徴)を知って早めに対処出来るようにしましょう。

A型 B型 C型
ウィルスの種類  140種類以上  2種類  1種類
ウィルスの変異性  変異あり  ほぼ変異なし  ほぼ変異なし
 感染の対象  ヒト、トリなど  ヒト  ヒトが中心
 主な流行時期  12月初旬〜2月  2月初旬〜3月(近年は早まりつつある)  通年
 主な症状
  • 高熱
  • 関節痛など全身症状
  • 消化器系の症状
  • 微熱や高熱(平熱の場合あり)
  • 微熱
  • 鼻水、鼻づまりなど
けっこう違うのね!

 

関連記事:インフルエンザの症状|油断するな!微熱や軽い症状はB型の可能性がある!

インフルエンザA型の潜伏期間は短い!初期症状は?

インフルエンザA型の特徴として、その爆発的な感染力と非常に強い増殖力が挙げられます。

そのため、感染してから発症するまでの期間が非常に短いんです。

つまり感染すると、「徐々に症状が現れる」のではなく「初期段階から激しい症状が現れる」んですね。

インフルエンザA型に感染した場合、その症状が表面化するまでの期間「潜伏期間」は「およそ1日〜3日」です。

前述の通り、インフルエンザA型を引き起こすウィルスは非常に強い増殖力を持っていますので体内に入り込むと「あっ」という間に増殖しすぐに症状が現れます。

潜伏期間中も他の人に感染することはあるの?

 

はい。潜伏期間中でもインフルエンザA型は他人に感染する怖れがあります。

身近にインフルエンザに感染したことが疑われる人がいる場合や、自分も感染した可能性があるという場合は出来るだけ「高機能なマスク」を着用するようにしましょう。

前述の通りインフルエンザA型は初期段階から

  • 38℃〜40℃の高熱
  • 悪寒や寒気
  • 全身に及ぶ関節痛や筋肉痛

といった、その特徴的な症状が見られます。

このような激しい症状が初期段階から見られる場合はインフルエンザA型に感染している可能性が高いため、速やかにお近くの医療機関を受診してください。

B型のような症状が出ることもある!

インフルエンザA型に感染すると、前述の症状以外にも下痢や吐き気、嘔吐など「消化器系の症状」が現れることもあります。

消化器系の症状はB型じゃないの…?

 

はい。その通りで、消化器系の症状が現れるインフルエンザはB型が有名ですが、インフルエンザA型が変異して発生する「新型インフルエンザ」も消化器系の症状が出ることがあります。

新型インフルエンザは医療機関で検査をしても「インフルエンザA型と判定」されます。

インフルエンザA型と診断されたときに下痢や吐き気など消化器系の症状がある場合は新型インフルエンザかもしれませんので注意が必要です。

新型インフルエンザの場合でも「インフルエンザA型に使用する治療薬」が有効ですので、医師の指示に従って服用するようにしてください。

合併症の心配は?肺炎やインフルエンザ脳症に気をつけろ!

インフルエンザは安易な自己判断によって「病院に行かなかった」などの理由で、症状が長期化してしまうことがあります。長期化してしまうと私たちの身体から体力がドンドン奪われていってしまいます。

体力が奪われると言うことは「免疫力が低下する」ということです。

免疫力が落ちてしまうと細菌や他のウィルスにも感染しやすくなり、合併症を引き起こす危険性が高くなってしまいます。

コワいわ…。どんな合併症なの…?

 

はい。インフルエンザの合併症として考えられるのは「肺炎」「インフルエンザ脳症」が挙げられます。

また小さなお子さんの場合は「中耳炎」などを引き起こすこともありますので特に注意が必要です。

妊婦さんや乳幼児、高齢者の方は合併症を起こしやすいので、インフルエンザに感染してしまった場合はすぐに病院を受診して適切な処置をしてもらいましょう。

A型とB型に同時感染する可能性は?

今までであれば、インフルエンザA型とB型に同時感染することはほとんどありませんでした。理由は流行する時期が異なるためです。

しかし近年はインフルエンザB型の流行時期が従来に比べ早まってきています。(従来は2月〜3月といった春先だったがそれが早まってきている)

そのため、A型とB型に同時感染する可能性は高まってきていると言えるでしょう。

A型のインフルエンザに感染しても、B型のウィルスに対する抗体は出来ないため、同じシーズン中にA型、B型に同時感染することは充分に考えられます。


スポンサーリンク

インフルエンザA型 まとめ

いかがでしたか?

本日は「インフルエンザA型の潜伏期間は!?症状は!?どんな特徴がある!?」と銘打ち、インフルエンザA型の症状や特徴、潜伏期間の短さなどを詳しく解説してきました。

今、この記事をご覧になっているということは、あなたご本人もしくは近親者の方が体調を崩しているはずですよね?

「インフルエンザを疑ってはいるが、自身では判断がつかない」ということなのでしょう。

行って特に何も無ければそれはそれで良かったということです。決して時間の無駄ではありませんので、速やかにお近くの医療機関を受診されることを強くお薦めします。

病院を受診し、インフルエンザだという診断を受けると「抗インフルエンザウィルス薬」というものを処方されます。

この薬は発症後48時間以内に服用しないと効果が薄まってしまいます。迷っているうちに48時間を経過してしまうと症状が長引いてしまうこともありますよ。

出来るだけ早めに受診してくださいね。

お大事にしてください。

ではまた^^

 

【インフルエンザの関連記事】

インフルエンザA型の潜伏期間は!?症状は!?どんな特徴がある!? ←いまここ

インフルエンザC型の症状や特徴と潜伏期間!検査や対処法は!?

インフルエンザに解熱剤は効く!?ロキソニンやカロナールは!?

インフルエンザの予防に効果的な食べ物とは!?免疫力を高めてウィルスを撃退せよ!

インフルエンザの感染経路は3つ!家族間での予防と対策はこれだ!

インフルエンザ予防接種は効果アリ!?期間はどれくらい?厚生労働省はどう考える?

インフルエンザの症状|油断するな!微熱や軽い症状はB型の可能性がある!

インフルエンザ2017 流行する型は?予防や対策、流行時期の注意点を解説!

 

【ノロウイルスの関連記事】

ノロウイルスの初期症状と潜伏期間は!?予防や治療も詳しく解説!!

ノロウイルスに効く予防接種やワクチンはあるの!?有効な手洗い方法も!

ノロウイルスの感染経路はこれだ!家族間の予防や注意点も徹底解説! 

 

 

トップページ