いぬ

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

ところであなた…。

日」は好きですか?

大好きっ!もっとたくさんあってもいいわよね!

 

そうですか…。

大好きですか。

では「日」は好きですか?

ん?だから好きって言ってるでしょ?

 

そうですか…。

どうして「日」が好きなんですか?

え〜…。どうしてって会社がお休みで嬉しいでしょ…?

 

はい。ここです。

せぶ
ナナ

 

あなた、「祝日」と「祭日」をごっちゃにしちゃってますね。

えっ!?違うの!?
せぶ
ナナ

 

もちろん祭日でお休みの日もありますが、「祝日」と「祭日」はその定義が違うんですね。

今日はそのあたりを詳しく解説していきましょう。

それではさっそくレッツゴーです。


スポンサーリンク

祝日と祭日の違いを教えてくれ

「祝日」と「祭日」を全く同じ意味として使ってしまっている人がいますが、これらは似て非なるものですので、同義として使ってしまうのはまったくの大間違いです。

「祝日」「祭日」、それぞれ解説していきましょう。

祝日とは

祝日(しゅくじつ)とは、建国や独立などのその国の歴史的な出来事に由来したり、功績のあった人物を称えて制定された記念日で、宗教儀礼上の重要な祭祀を行う日であり祭日とは異なるものである。

日本において、国民の祝日に関する法律で定められた国民の祝日。「祭日」と誤って呼ばれることもある。

参照:Wikipedia

上記引用の通り「祝日」というのは建国や独立など、その国にとって歴史的で大きな出来事が起きた日や記念日などに由来します。

これは1948年(昭和23年)に制定された「国民の祝日に関する法律」というもので定められています。

また、土曜日と日曜日以外のお休みの日は法律によって以下の3つに分けられています。

 

  1. 国民の祝日 →仕事や学校の休みを法律によって定められた日
  2. 国民の休日 →祝日ではない休日
  3. 振替休日  →祝日が日曜日や他の祝日に重なった場合の代休

 

①の「国民の祝日」というのは、私たちが想像する「いわゆる祝日」のことですね。例えば「海の日」や「成人の日」がそれに当たります。③の「振替休日」もイメージ通りです。

では②の「国民の休日」という聞き慣れないものは何なのでしょう。

下カレンダーをご覧下さい。

カレンダー

これは2年前の2015年(平成27年)9月のカレンダーです。

ありますよね。「コクミンのholiday」が!

21日の敬老の日と23日の秋分の日に挟まれている彼が「国民の休日」です!

このレアキャラ「国民の休日」を出現させるにはひとつだけ条件があるんです。

その条件とは「その日の前後が国民の祝日であること」です。可能性があるのは日付が固定されていない祝日をふたつ保有し、且つそれが1週間の中に存在する9月様だけなんですね。

(敬老の日は9月の第3月曜日で、秋分の日は9月の22日か23日になります。)

こんなことは本当に滅多に無くて、上記の2015年の前は2009年です。これが世にその名を轟かす「シルバーウィーク様」になります。

若干、話の主役が「国民の休日」になってしまいましたが、「祝日」の意味や定義はおわかり頂けたと思います。

では続けて「祭日」について紐解いてみましょう。

祭日とは

祭日(さいじつ)とは、宗教儀礼上重要な祭祀を行う日のこと。

参照:Wikipedia

ん〜…?どういうこと?宗教?

 

宗教って言われちゃうとなんとなく怪しい感じがしちゃいますが、これはぜんぜん怪しくないのでまずは安心してください。笑

日本に古来から根付いている宗教というのは、自然を敬い八百万神を祀る「神道」です。あなたもふつうに神社にお参りに行きますよね。

「祭日」というのはこの「神道」において大切な儀式を執り行う日のことなんです。

「神道」における、神様と私たち人間を結ぶ行事を「祭事」といい、これは代々の天皇(皇室)によって靖国神社や伊勢神宮といった神社にて行われます。

祭事の内容は、五穀豊穣を祈ったり、古来の天皇が定めた記念日をお祝いしたりと様々です。

戦前(戦中)まではこの「祭日」イコール「祝日」だったのですが、これは1947年に廃止されます。

理由は「第二次世界大戦(太平洋戦争)での敗北」なんです。

日本は1945年に「第二次世界大戦(太平洋戦争)」で敗北します。

この「第二次世界大戦(太平洋戦争)での敗北」で日本はGHQの支配下に置かれます。GHQは日本の徹底的な弱体化を狙い、天皇や神道などに関わるあらゆるものを排除していきました。

GHQは日本国民から「天皇や皇室に関係したもの」を徹底的に切り離そうとします。天皇という当時の絶対的な精神的支柱を失わせることにより日本と日本国民に空虚感を味わわせ骨抜きにしようと考えたわけです。

そんなGHQ主導の法改正の中で日本の休日に関しても大幅に変更されていったんですね。

じゃあ、少し前までは「祝日」=「祭日」だったわけなのね!

 

そうなんですね。

以前は「祭日」はすべて「祝日」とされていましたが、戦後のGHQ主導の法改正によって現在の祝日の形が作られていったんです。つまり現在は…。

祝日:日本政府が「国民の祝日に関する法律」に基づき毎年公開する公式な休日

祭日:天皇(皇室)によって執り行われる日本独自の宗教儀礼の日

ということになります。

ですので冒頭にお話した通り、「祭日」と「祝日」を同じ意味として使うのは間違いになってしまうんですね。

もちろん普段の会話の中では通じますので「そんなに気にしなくてもいいじゃーん…。」という感じではありますが、公式文書や法律の専門書では「祭日」という言葉は「休み」という意味で使われることはありません。

どれが祝日でどれが祭日なの?

さて、祝日と祭日の違いがわかったところで、祝日と祭日の一覧をご覧下さい。

  • 元日:     1月1日
  • 成人の日:   1月の第2月曜日
  • 建国記念の日: 2月11日(祭日行事:紀元節祭)
  • 春分の日:   3月20日または21日(祭日行事:春季皇霊祭)
  • 昭和の日:   4月29日(昭和天皇の誕生日)
  • 憲法記念日:  5月3日
  • みどりの日:   5月4日
  • こどもの日:   5月5日
  • 海の日:    7月の第3月曜日
  • 山の日:    8月11日
  • 敬老の日:   9月の第3月曜日
  • 秋分の日:   9月22日または23日(祭日行事:秋季皇霊祭)
  • 体育の日:   10月の第2月曜日
  • 文化の日:   11月3日(祭日行事:明治節)
  • 勤労感謝の日: 11月23日(祭日行事:新嘗祭)
  • 天皇誕生日:  12月23日

法改正によって祝日ではなくなった祭日

祭日名 日付 内容
元始祭 1月3日 皇位の元始を祝う
新年宴会 1月5日 新年を祝う
神武天皇祭 4月3日 初代天皇の崩御日
神嘗祭 10月17日 五穀豊穣に感謝する
大正天皇祭 12月25日 大正天皇の崩御日

スポンサーリンク

祝日と祭日の違い まとめ

いかがでしたか?

本日は「祝日と祭日の違いを小学5年生にもわかるように優しく解説しますね。」と銘打ち、祝日と祭日の違いをわかりやすく解説してきました。

「なるほど!」といった感じではないですか?

しかし…。

大正天皇祭がもしも祝日になっていたら、ここでもレアキャラ「国民の休日」が出現してクリスマスウィークで3連休から5連休になってましたねー!おしいっ!笑

ではまた^^

 

トップページ