金沢

 

スポンサーリンク




北陸良いですよね〜。

「兼六園」に「黒部ダム」、「21世紀美術館」に「白米の千牧田」などなどなど観覧スポットもたくさんあるし、何しろ食べものがおいしい!新鮮なネタを使ったお寿司は絶対に外せないですよね!

梅雨が明けたら是非行きたいですよね!北陸!

 

こんにちは、オタ助です。

今日はですね、そんな梅雨明けの7月、お盆休みの8月に北陸旅行を計画しているあなたのために調べ倒しましたよ!

北陸地方の梅雨明け!

ガッツリ66年分の気象庁のデータを引っ張り出して「これでもかっ」ってくらい丸裸にしてやりましたよ。

はっはっ。

ではそんな気になる「北陸地方の梅雨明け予想」張り切っていってみましょう。レッツゴーです。


スポンサーリンク

北陸地方梅雨明け。例年は?

過去66年間で最も梅雨明けが早かったのは、2001年の「7月2日」です。これは早いですね。

逆に最も遅かったのは1987年の「8月8日」です。しかし梅雨明けが8月までズレ込んだのはこの1987年を含め6回しかありません。

確率にすると9.09%ですので、基本的には7月中に梅雨明けすると考えたほうが良さそうですが、ジツはこの「8月にズレ込んだ6回」の内の半分は直近10年での出来事になります。

断定は出来ませんが、だんだんと梅雨明けが遅くなって行ってる可能性もあります。やはり年々広がりを見せる世界的な異常気象が多少なりとも影響しているのかもしれません。

直近10年の北陸地方の梅雨明けは以下になります。

  • 2007年 ・・・・ 8月1日ころ
  • 2008年 ・・・・ 8月6日ころ
  • 2009年 ・・・・ 特定出来ず
  • 2010年 ・・・・ 7月17日ころ
  • 2011年 ・・・・ 7月9日ころ
  • 2012年 ・・・・ 7月26日ころ
  • 2013年 ・・・・ 8月7日ころ
  • 2014年 ・・・・ 7月21日ころ
  • 2015年 ・・・・ 7月25日ころ
  • 2016年 ・・・・ 7月19日ころ

出典:気象庁公式サイト

このように北陸地方の梅雨明けというのは1ヶ月もの開きがあるんです。

過去66年間のデータを平均すると北陸地方の梅雨明けは7月24日ということですが、直近10年を見ると「4年に1度」程度は8月にズレ込んでいることがわかります。

はい。そうなんです。

直近の3年間はキレイに平均値での梅雨明けです。

ですので今年の梅雨明けは「8月にズレ込む可能性」があると考えられます。

つまり。

今年の北陸地方の梅雨明けは「7月20日頃」〜「8月7日頃」となりそうですよ!

日差し

まとめ

いかがでしたか?

北陸地方の梅雨明けを過去66年間のデータを元に予想してみました。

8月まで梅雨が長引くのは、なんとなく鬱陶しい気もしますが、すこし視点を変えれば「梅雨明け10日」という言葉もありますから、北陸地方のお盆は快晴が続いて素晴らしい連休になるかもしれませんよ!?

梅雨明けした清々しい北陸で思いっきりリフレッシュして楽しんでくださいね!

ではまた^^


トップページ