布団タタキ

 

スポンサーリンク




こんにちは!オタ助です!

本日はですね、だんだん暖かくなると気になるアレについてのお話です。

アレ?
めめ
…。
せぶ
んにゃ…。
ナナ
ごろごろ…。

 

「なんかカユいな…。」なんて、ふと手足などを見てみると赤い湿疹が出来ていてビックリしたなんて経験はありませんか?

ある…!ダニね…!

 

はい。

暖かい季節になるとダニが活発に行動し始めますので、知らないうちにダニに刺されてしまうことがあります。

ほんと嫌…。

 

まぁ、やはり活動しやすいのは人間もダニも同じってことなんですね。

しかし。

私たち大人はまだいいとしても、小さなお子さんがいる家庭では、家ダニなどはとても心配ですよね。

お子さんがダニにかまれてしまうと「ダニアレルギー」になってしまうこともありますし、やはり未然にダニをやっつけておく「ダニ対策」を行っておくことが非常に大切なんです。

駆除

とは言いつつも…。

「薬品などを用いたダニ駆除」はあまり手軽な方法とは言えませんし、小さなお子さんがいる場合、それはそれで心配な点もありますもんね。

そこで今回は「家庭で安全且つ簡単に行えるダニ対策」について詳しく解説して行きたいと思います。

当たり前っちゃ当たり前の方法なのかもしれませんが、結局この手の予防が最も大切なのかなと。

さっそく詳しく解説して行きましょう。

レッツ、ダニ退治!!


スポンサーリンク

ダニは5月から9月にかけてが活動期

ダニが繁殖しドンドン増えてしまう時期は、暖かくなる毎年5月頃だと言われています。

ちょうど梅雨に入るか入らないかの時期で、私たちにとっても1年の中で最も過ごしやすい季節ですよね。

そしてそんな気持ちの良い時期を超え、気温も湿度も上昇する梅雨時期に入るとダニもの凄いスピードで増えていってしまうわけなんです。

なんか怖いわね…。

 

怖いですよね。

その増えたダニは人間の血などを吸いながらみるみる成長していきます。

 

そして、ちょうど真夏頃にダニの繁殖・増殖はピークを迎え、備えをしなかった人たちはダニに思う存分刺されてしまうわけなんですね。

ですので、7月〜9月くらいの熱気・湿気ムンムンの時期は、特に念入りなダニ対策を「こまめに行う」ということが大切になります。

何しろ大切なことは「そもそもダニに刺されないようにする」ということですので、湿気の多い季節は事前にどんな対策をしておいたとしても、晴れた日はしっかりと布団を干すなど、寝具などの念入りな手入れを心がけましょう。

もちろん部屋の風通しなども忘れずに行いたいですね。

ダニは減らすことと増やさないことが大切

前述の通り、湿気が増える梅雨時期や、くっそ暑い真夏に家ダニは最も増殖します。

その時期になって慌てて駆除するのではなく、もっと前のまだ空気が乾燥している段階で出来るだけダニを減らしておきましょう。

ダニというのは冬場はあまり活動的ではありませんからね。

なるほど…。

 

まずそれを心がけるだけで、夏場にダニに刺される頻度は格段に減っていきます。

それでは、ダニ対策として空気が乾燥している段階でのダニの駆除方法についてご紹介してみたいと思います。(もちろん真夏になってからでも有効ですので、やり忘れてしまった方も是非実践してみてくださいね。)

冬場は、家の中にいる数自体も夏場より少ないので、そういう意味でもこの時期に対策をしっかりと取っておくということがとっても大切なんです。

そうなんだー…!

基本は掃除機で吸う

まずは部屋の畳やカーペットにしっかりと掃除機をかけましょう。

そうすることで、ダニのエサになるものやダニが住みやすい環境になっている状態を改善していくことができます。

また、布団や枕といった寝具も「ダニを減らす」という意味で、掃除機をかけておくのがおすすめです。ガンガン吸ってくださいね!

寝具に掃除機をかけることで、寝具の中にあるダニのエサなどを取り除くことが出来ますし、ダニ自体を吸い出すこともできるわけです。

加えて、その時しっかりと窓を開けておくなど風通しをよくしておくのがポイントです。北側と南側など家の両側の窓を開けてしっかりと空気を循環させましょう。

ダニは高温に弱い

ダニは高温に弱いと言われてます。

布団を気持ちよく使うという意味でも、しっかりと乾燥機にかけると良いですよ。

ちなみに、一昔前の布団乾燥機は熱風を送り込むためのビニールが必要だったりして非常に面倒でしたが、近年売られている布団乾燥機は布団に直接熱風を送り込むことが出来ますのでとってもラクなんですよ!

知ってるー!最近のヤツ、ほんと便利よねー!

 

布団乾燥機の高温で一気にダニ野郎を駆逐してしまいましょう!

お布団の丸洗いは?

 

もちろんお布団の丸洗いも効果的ですが、かなりの手間もかかりますし「お布団の汚れが酷すぎる」という場合以外はそれほど必要ないのかなと思います。

ですので…。

  • 「風通しを良くして部屋を掃除する」
  • 「寝具をしっかりと掃除機にかける」
  • 「高温の布団乾燥機をかける」

これを繰り返すとすごくいいですよ。ちなみに筆者宅は布団1セットに対して「120分×2回」布団乾燥機をかけています。(これを週に2回やってます。まじでカラッカラになります。)

こんな感じで、冬の乾燥している季節に「お部屋や寝具の掃除機がけ」と「高温の布団乾燥機」を何度かやっておくと、その後暑くなった時に増えるダニの数が少なくて済みますので超オススメですよ!

またお布団などの寝具以外にも、お子さんの食べこぼしなどをちゃんと掃除しておかないと、その場所からダニの繁殖・増殖が始まりますからね!

対策は「早めに!こまめに!」が大切です!


スポンサーリンク

冬に加湿器を使いすぎるとダニが増えるよ!

ダニは梅雨や夏場のような暖かくて湿度が高い場所を好みます。

ですので、そのような環境を作ってしまうと例え冬場であっても「ダニは繁殖・増殖」します!

もしもご自宅が過度にそのような環境になっている場合は見直す必要があるかもしれませんよ。

そのような状況を改善するだけでも、ダニ退治には効果があります。

例えば、寒い冬の時期は小さなお子さんが風邪などを引かないように部屋を暖かくしますよね。

特に築浅のマンションなどは非常に気密性が高いので、そのまま炊事などをしているとあり得ないほど湿度が高くなってしまうんです。

それに加えて「空気が乾燥しないように」「インフルエンザ対策に」と、加湿器などを使用している場合には、「部屋が暖かい+湿度も高い」という夏状態をしっかり作り出してますので、ダニにとってはルンルン気分で繁殖・増殖しやすい環境になってしまっているわけなんです。

うわ〜…。

 

ですので加湿器を使用する場合には、現在の湿度をチェックしてから状況に応じて使うと良いですよ。

加湿器を使ってないのに湿度が高くなってしまった場合には、換気をしたりしてしっかりと空気を入れ換えましょう。

このように温度と湿度コントロールをするだけでも、増えようとした家ダニなどを退治することが出来るんですよ。

梅雨や夏場を迎える前にしっかりと対策したいですね!

こういった方法はとっても簡単で手軽に出来るので是非やってみてください!

「ダニの数を増やさない」という対策。

本格的にダニが増える時期にダニの数を少しでも少なくしておくためには、早め早めに準備しておきましょう!

ダニの駆除方法!!自分で出来ることを徹底解説!! まとめ

いかがでしたか?

本日は「ダニの駆除方法!!業者に頼まず自分で出来ることを徹底解説!!薬品は使わず子供も安心!!」と銘打ち、ご家庭でカンタンに行えるダニの駆除方法について詳しく解説してきました。

座布団や布製のソファがあるというお宅は、そちらもしっかりと対策しておきましょう。

どこかで手を抜いてしまうと、そこから増殖していってしまいますからね。

それでは本日は以上になります。

最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

ではまた^^

 

トップページ