本

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

今日はですね、「文化の日」についてお話していきたいと思います。

国民の祝日というのはたくさんありますが、例えば「体育の日」や「勤労感謝の日」、「成人の日」、「こどもの日」など、何となくその意味を連想出来るものがほとんどですよね。

でもこの「文化の日」ってどうもその表現が「フワッ」としていてわかりにくいです。

そうよね…。本読むのかしら?
せぶ
…?
ナナ
んにゃ…。

 

「国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)」という法律があるのですが、その第2条によりますと、文化の日は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ということを趣旨としているそうです。

が…。

非常にわかりづらいですよね。笑

正直、なにを言いたいのかサッパリです。

ですので、「もう少し他にわかりやすいものはないかな?」と思ってちょっと調べてみたんですけど、まぁ色々と出てきましたよ。興味深いお話もありましたので、わかりやすくシェアさせて頂きますね。

それではさっそく行ってみましょう。

レッツ、文化の日!!


スポンサーリンク

文化の日には「ホンネとタテマエ」がある

文化の日制定の背景には「ホンネとタテマエ」が存在します。

文化の日という祝日は毎年11月3日ですよね。

この11月3日というのは戦後すぐの1946年に現行の憲法である「日本国憲法」が公布された日なんです。

日本国憲法というのは平和と文化を重視したものであるため「文化の日」として国民の祝日に制定されました。

ん〜…?でもたしか5月のGWに「憲法記念日」ってあるわよね?

 

そうなんですよね。5月の「憲法記念日」というのは日本国憲法が施行されたことを記念して設けられた祝日なんです。

「文化の日」:日本国憲法が「公布」されたことを記念して制定された祝日
(公布というのは「こんなものが出来たよ〜」と国民に広く伝えることです。)

「憲法記念日」:日本国憲法が「施行」されたことを記念して制定された祝日
(施行というのは、事前に公布されていたものが実行に移され効力を持つことです。)

これが文化の日制定の「タテマエ」です。

じゃ「ホンネ」は?

ジツはこの文化の日の名称はもちろん、その趣旨も本来の意味とは全く無関係なんです。

ポイントは「第二次世界大戦(太平洋戦争)での敗北」です。

11月3日というのは元々、「明治節」という祝日だったんです。これは明治天皇の誕生日で、いわゆる「天皇誕生日」というものです。

明治天皇が崩御したあと、「明治天皇の誕生日を祝日にしよう!」という国民の声が非常に多く大正時代に制定されたものなんですね。

しかし前述の「第二次世界大戦(太平洋戦争)での敗北」で日本はGHQの支配下に置かれます。GHQは日本の徹底的な弱体化を狙い、天皇や神道などに関わるあらゆるものを排除していきました。

当然この「明治節」も例外なくということになります。

しかし近代日本の礎を築いた明治天皇の「明治節」は何としても残したい、残さなければならないと考えた戦後の日本政府は前述の「日本国憲法の公布」を意図的に11月3日にしたんです。

つまり「文化の日」の形式上(タテマエ)の意味は「日本国憲法の公布を記念する日」ですが、「ホンネ」はこの「明治節」なんですね。

文化の日はハッピーマンデーにならないの?

「文化の日」は「海の日」や「敬老の日」、「体育の日」のようにハッピーマンデー制度の対象にはならないのでしょうか。

3連休が増えるからそのほうがいいんじゃない!?

 

そうですね。3連休を出来るだけ増やしたほうが経済の活性化には良いと思いますが、おそらく文化の日に関しては無いでしょうね。

前述の通り、文化の日というのは日本国憲法の公布日ですし、元々は明治天皇の誕生日ですからね。

現在の日本の根幹であるものを公布した特別な日や、日本の象徴である天皇の誕生日を動かすことはちょっと考えられないですよね。例えば12月23日の天皇誕生日という祝日を月曜日にズラしてしまったら国民から総ツッコミが入りそうですもんね。

たしかに!

スポンサーリンク

文化の日はいつも晴れるって本当?

文化の日は「晴れの特異日」と言われていますよね。

「特異日」というのは、その前後の日に比べて偶然とは思えないほどの高確率で「特定の気象状況(天気、気温など)」になる日のことを指します。

文化の日の過去30年間の晴れ確率は70%ということですが、直近10年ですと50%まで落ち込んでしまいます。ですのでジツは「文化の日」と「晴れ」はあまり関係無いのかもしれませんね。

「文化の日は比較的晴れやすい」くらいの認識のほうが良いのかもしれませんよ。

文化の日 まとめ

いかがでしたか?

本日は「文化の日の由来と意味|謎多き祝日の制定にはホンネとタテマエがある!」と銘打ち、文化の日の「ホンネとタテマエ」を中心に解説してきました。

思わず「へ〜…。」と言ってしまうようなこともあったのではないでしょうか。

このような祝日にもそれぞれにストーリーや歴史があって何とも興味深いですよね。

文化の日はせっかくこのような名称ですし「なにか文化的なことをしたい」なんて毎年思う筆者ですが、なかなか思いつかず結局趣味の読書になってしまいます。

あなたは毎年どんなことをして過ごしてますか?

ではまた^^

 

トップページ