neko

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

ものすごく美味しい煎餅を発見してしまいまして、ボリボリ食べながら記事を書いてます。笑

猫が両手ではさんで奪おうとしてきますので必死で阻止している最中です。

可愛いよねー!
せぶ
…。
ナナ
…。

 

しかしこういうときの猫の肉球ってすごいですよね。

こう…。なんて言うんでしょう。人間でいうところの「パー」の状態から「グー」の状態にすることで、モノを掴もうとするんですよね。ホントに器用なもんです。

さて今日はそんな「猫好き人気No.1」「肉球」についてお話していきたいと思います。

可愛いだけでは無くて、いろいろな役割があるんですよ。いろいろと掘り下げていきますね。

それではさっそくレッツゴーです。


スポンサーリンク

猫の肉球は何のためにあるの?

①クッション

家の中でもバッタンバッタン走り回る猫ちゃん。さっきまで眠っていたはずなのに…ってことよくありますよね。

そんな時にもジツは大活躍しているのが肉球なんです。猫の肉球には飛んだり跳ねたり走ったり、高いところからの着地だったり、飛び移ったりするときにかかる足への負担を軽減させ衝撃を和らげるクッションの役割があるんです。

あとは足音を消すっていう役割も併せ持ってるんですよ。そ〜っとそ〜っと獲物に近づいていくんですねー。

②汗をかいて体温を調節

猫ちゃんは肉球にしか汗をかけないって知ってました?人間は身体のあちらこちらに汗腺と呼ばれる汗を出す線があるんですけど、猫ちゃんはその汗腺が肉球にしかないんです。

暑い夏の日や激しく動き回ってしっかり運動をしたときなどは肉球のまわりに汗をかいて体温を調節するんですね。汗をかいて肉球を湿らせることによって滑り止めの役割も担っているんです。

ちなみに極度に緊張したときにも肉球に汗をかいちゃうんです。

③敏感なセンサーの役割

猫ちゃんに限ったことではないのですが、動物の足の裏に毛が生えていないのは、地面に何かしらの異変があった場合に瞬時に反応するためなんです。障害物があったときに素早く察知して避けるためなんですね。

ちなみに、家猫ちゃんは大人になっても肉球が柔らかくてツルツルのままなんですけど、外猫ちゃんや野良猫ちゃんは硬くてザラザラしてるんですよ。アスファルトなんかの路面の状況に対応していったんですね。

④顔を洗ったり、欲しいものを掴んだり

猫ちゃんが顔を洗ってる姿はなんとも可愛いですよね。基本的には手足や身体など届く範囲は舐めてお手入れするんですけど、顔や首回りなどは届かないので前足の肉球を巧みに使ってキレイに洗います。

欲しいものを掴むときも大活躍です。肉球と肉球の間に欲しいものを挟み掴むんですね。

猫の肉球はちゃんとケアしてあげましょう

猫ちゃんの肉球には上述の通りたっくさんの大切な役割があり、大事なパーツのひとつなんです。

肉球の状態がよろしくないと健康状態にももちろん影響してきちゃいますので定期的にケアしてあげてくださいね。今どきは猫ちゃんの肉球専用のハンドクリームならぬ肉球クリームも販売されてますのでそちらもチェックしてみてください。

長毛種の猫ちゃんの場合、肉球周りの毛が伸び過ぎちゃいますと滑って転んで、思わぬケガをしちゃうことも考えられます。伸びすぎる前にカットしてあげてください。


スポンサーリンク

猫の肉球 まとめ

今日は猫ちゃんのパーツの中でも1位2位を争う人気の肉球をテーマにお話させていただきました。

ただ可愛いだけではなくていろいろな大切な役割があるんですね。

肉球がいつもより熱いなとか、肉球には病気のサインが表れることもあるので注意深くみてあげてくださいね。

ではまた^^

トップページ