neko

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

今日は「嫌がる猫の爪切り方法」についてお話していきたいと思います。

みなさんのお家の壁やカーテンはどうですか?ボロボロですか?猫のガリガリすごいですもんね!

ウチもボロッボロです!彼らまったく容赦ないですから!

まぁあのガリガリしてる姿も可愛いですので、別に良いっちゃ良いんですけど…。

せぶ
ガリガリ…。
ナナ
がりがりがり…。

 

とは言いつつも…。

ボロボロにならないのであれば、それに越したことは無いです。ゴミも出ますしお金もかかりますからね。

そのためにはやはり「爪切り」は至上命題なんですよね…。でも切らせてくれないし…。

そんなあなたのために「最高の爪切り方法」をお教えしちゃいます。

むしろ「方法」というより「マインド」ですね。

ではさっそく行ってみましょう。レッツゴーです。

 


スポンサーリンク

ガリガリは猫の習性

まずはこの「ガリガリ」する猫の習性から説明しましょう。この「ガリガリ」にはちゃんと理由があります。

  • 外側の古い爪を取り除く。(猫の爪は何層にもなってるんです。)
  • 自分の臭いを移している。
  • 「オレって強いんだぜ」のアピール。
  • 外敵に備える。(刀を研ぐのと同じ)
  • 身体を伸ばしてストレッチ。(飼猫はこれが一番多いと思います)
  • ストレス時のイライラ解消。(飼い主が構ってくれない時など)

などなどです。まぁ仕方が無いですね。

爪が伸びすぎると様々な不具合が出てきますし、猫にとってガリガリは非常に大事な習性ですので、やめさせるわけにはいきません。

伸びた爪のリスク。ケガはもちろん病気も。

爪研ぎさせなかったり、切らなかったりで爪が伸びてきてしまいますと、ケガはもちろん関連して病気のリスクも高まってしまいます。

猫が爪研ぎをしなくなると、古い爪が残って(剥がれ落ちなくて)、太い巻き爪のように変形してしまうんです。そうなると伸びた爪が肉球に触れて、足裏が気になってしまいます。すると歩き方がおかしくなって、関節に負担になってしまうわけです。

人間でも、靴の中に小石が入ってしまうとすごく気になってイライラしますよね?

猫の肉球も人間の足裏同様に、非常に敏感な部位なんです。

他にも、伸びすぎた爪のままですと、身体がかゆくて掻いている間に傷つけてまうこともあります。そこから感染症というリスクも高まってしまうんです。

 

あと、とくに老猫の場合は、面倒くさくて爪研ぎをしなくなる子がいます。ジツは昔わたしが飼ってた黒猫(先々代の猫です。真っ黒な可愛い猫でした。)は、これが原因で亡くなってしまったんです。

わたしが留守の時に、わたしのベッドで寝ようと思ったのでしょう。いつも一緒に寝てましたので彼女にとってもそこは寝床だったんです。

30センチくらいの低いベッドでしたので、わたしが居なくても、平気だろうと思っていたのですが…。どうやら上れなかったようなんです。

伸びすぎた爪が側面に引っかかってしまい、降りられなくて死んでしまったんです………。

その子は爪切りをすごく嫌がる子で、無理に切るのも可哀相で切らなかったんです。

今でも切らなかったことを、後悔してます。

みなさんは是非切ってあげてくださいね。

 


スポンサーリンク

どうやって爪を切ろうか

さて、どうやって嫌がる猫ちゃんのストレスにならずに、爪を上手に切ってあげれば良いのでしょうか。

まずはあんまり飼い主自身がムキになりすぎないことが大切です。

嫌がる子の爪をムキになって切って、その時は良くても、次回はさらに激しい攻防戦になってしまいます。そうなると、もう本当に二度と切らせてくれなくなります。

軽い気持ちで「一本だけ切る」という気持ちでやるのが大切なんです。

「ほら。ぜんぜん平気でしょ?」って猫に理解してもらうわけです。

それを続ければじきに慣れてくれます。それが一番です。気持ちが大切なんです。

 

よく、「ゴム手袋をはめる」とか、「洗濯ネットに入れる」とかを聞くことがあります。

もちろん多少強引にやれば切れるとは思いますが、そこにたどり着くまでの飼い主の殺気が伝わってしまいますね

気持ちをラクにして、マメに一本ずつでも切って、飼い主も猫もお互いに慣れていくのが一番なんですよ。

今後20年近く毎週のように行うことです。ゆっくりゆっくり慌てずにお互い慣れていくのがいいと思いますよ。

 

まとめ

本日は「嫌がる猫の爪切り方法」をお話してきましたが、いかがでしたか?

本文でもお伝えしたとおり徐々に慣れていけば良いだけの話です。

ウチの子たちも前はすごく嫌がって、なかなか切らせてくれませんでしたが、今はぐぅぐぅ寝てます。笑

優しく優しくやれば特に問題なくやらせてくれるようになりますよ!

ではまた^^

トップページ