猫

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

今日は、猫にとっての適温は何度なのか?

エアコンは何度に設定しておけばいいのか?

など、猫にとっての暮らしやすさについてお話していきたいと思います。

「そんなの気にしなくて大丈夫だよ!」

なんてヤジが聞こえてきそうですが、いやいや侮るなかれ。

こういうこまめな気配りで猫たちの寿命は何年も変わってきますからね。大切なんですよ。

出来るだけ長生きしてほしいですもんね。

それが飼い主の知識や努力によって手に入るモノであれば、やらない理由はないと思いますよ。

ではさっそく「猫にとっての適温」。

レッツゴーです。

せぶ
…。
ナナ
…。

 


スポンサーリンク

猫にとっての適温

夏の暑い日、冬の寒い日、猫たちには快適な温度で過ごしてもらいたいですよね

まず猫にとっての適温ですが、これは人間と大差ありません

人間にとって心地良い気温(室温)というのは、猫にとっても心地良いと思って間違いないです。

もちろん個体差はありますが、だいたい22〜23度というところです

ただし、人間でも暑がりな人もいれば寒がりな人もいます。

猫もそれと同じで、エアコンを22〜23度基準にして、暑そうなら下げてあげて、寒そうなら上げてあげれば問題ないです。

温度そのものより温度差に注意

猫の場合、寒いときは日差しの当たる場所を見つけたり、毛布にくるまったり、逆に暑ければフローリングでぴったりと横たわったりして、自分で体温を調節するのがうまいですので、それほど心配はいらないのですが、「温度差」だけは気をつけたほうがいいです。子猫の場合や老猫の場合は特にです。

猫は1日の中での温度差が10℃以上になると体調をこわしやすくなります

エアコンは入れたり消したりしないで、弱ぁ〜…く一定温度で入れ続けるのがいいですよ。そのほうが電気代も安いですし。

人間も気温の変化が激しい季節の変わり目などは体調を崩したりしますよね?猫も同じなんです。

 

真冬は暖房を入れている日中と、暖房を消して人が寝た後の温度差が10℃を越えることも少なくないです。人が寝た後の温度管理も充分に気を配ってやる必要があるんですね。
室内の寝床でしたら毛布やフリースなどを増やしてあげるだけでもかなり暖かくなるはずです。

真夏の場合も同じくです。


スポンサーリンク

湿度も要注意

あとは、湿度にも注意が必要です。

猫も人間と同じように、空気が乾燥すると呼吸器の粘膜がダメージを受けて、ウイルスに感染しやすくなるんです。

猫が身体を痒がる場合は室内が乾燥しているサインなんです。そんなときは室内をちゃんと湿らせてください。湿度は50〜60%が良いとされています。

出来れば加湿器を設置するのが好ましいですが、無ければ濡れタオルを引っかけておくだけでもかなりの効果があります。

渇いたらまた濡らしての繰り返しで湿度を保ちましょう。

湿度が高いとウイルスは水蒸気とくっついて空気中を漂っていられなくなり、床に落ちて時間と共に壊れていくんです。

濡れタオルはぜひ実践してみてください。もちろん私たち人間にも効果がありますしね。

まとめ

今日は猫にとっての適温についてお話してきましたが、いかがでしたか?

猫だって人間と同じで暑いときは暑いですし、寒いときは寒いです。

快適な温度を確保して健康には気を遣ってあげてくださいね。

ではまた^^

トップページ