ねこ

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

猫ってすごく気まぐれですよね。

「よーし。今日は張り切って遊んじゃうぞ!」

ってこっちが鼻息荒く近づいても、チラ見するだけで「ぐぅぐぅ」眠ったまま…。

「じゃ作業部屋に戻って仕事でもするか…」

とデスクに向かうと「かまってかまって。にゃーにゃー」です。本当に難しいですよね。

ちなみにウチの子たちは今、わたしのデスクでわたしの邪魔をしています。笑

せぶ
んにゃ。
ナナ
ごろごろ…。

 

猫と上手に遊べる何か良い方法はないかなー…。

コツはないかなー…。なんて考えていたんですけど、どうやら非はわたしにありそうです。

わたしの遊び方がいけないのかなと。

平たく言えば「本気で遊んでない」「本気で遊ぼうとしていない」という結論に達したんですよね。

「猫が遊んでくれない」のは当たり前なのかなと。

そんなふうに思ったんです。

だってウチの奥さんとはめっちゃ楽しそうに遊んでるんです。

そんなウチの奥さんを見てて思ったんですよね。

「あっ。本気で遊んでる…」って。


スポンサーリンク

猫だって飽きます

わたしの遊び方といえば「猫じゃらし」を使って、右へ左へゆーらゆらゆーらゆら…。

猫たちからすれば…。

「おい。オタ助。お前ナメてんだろ。」って話ですよね。笑

誰だって、毎日毎日おんなじオモチャで「あー。楽しい楽しい」とは遊べないですもんね。2日と持たないで飽きてしまいますよね。

猫だって同じです。毎日毎日おんなじオモチャで楽しい楽しいって遊べるわけがないですよね。

(ジツは猫ちゃん自身は特に飽きてるわけではなく、動きのパターンを覚えてしまい反応しなくなったとも言われます。)

ですので私も本気を出すことに決めました。

猫と遊ぶポイントは?

まずはペットショップで「新型兵器」を大人買いです。

この新型を使っていくつかの方法を編み出しました。これで完璧です。

最近は売ってる遊び道具も本当に様々でびっくりしますよね。

わたしのひとつ目のアイディアとしては、いくつかのおもちゃを「ローテーション」させるというジツに幼稚な作戦でしたが、効果は覿面(てきめん)でした。

違う形状のものや、鈴の音がなるものをうまくローテーションさせると、とても良い具合で遊んでくれます。

ただひとつ危ないのは、細い紐状のものには注意したほうが良さそうです。呑み込んでしまうと腸の中で詰まってしまって大変な事故になるそうです。

実際にこの事故はけっこうあるそうですよ。(ペットショップの店員さん曰くです。じゃ売るなよ!って全力で突っ込みたくなりましたが。笑)

もうひとつ遊び方で気づいたのが、「時間を区切る」ということです。

時間を区切ってみっちり遊んであげるとメリハリがあって猫も楽しそうにしてます。わたしは1日2回20分ずつやることにしてます。やはり猫も人間も同じで遊ぶときはこっちも真剣にやらないといけませんね。片手間でやったりすると、猫は敏感に感じ取るようです。

あと、これが一番大事なポイントだと思うんですけど、最後にはこっちが必ず負けてやることですね。

猫じゃらしとかで追いかけ回させても、最終的に捕まえられないと、それは猫にとってけっこうなストレスになりそうです。たくさん追いかけ回させて、最後は捕まえさせてやるとすごくイイ感じです。

こんなふうに遊ばせるとけっこう猫も飽きずに遊んでましたよ!

 


スポンサーリンク

猫と遊ぶ4つの方法 まとめ

我ながら当たり前のことを書いてしまいましたが、いかがでしたか?

でも本当に何事も中途半端はいけませんね。

明日からも「全力で」猫たちと遊びたいと思います!

ではまた^^

トップページ