ねこ

 

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

今日は猫ちゃんの「不妊手術(去勢、避妊)」についてお話していきたいと思います。

これは非常に大切なことですので是非受けさせてあげてください。

なぜ「不妊手術」を受けさせるのか?

タイミング(時期)は?

費用はどれくらいかかるの?

なども含めて詳しく解説していきますね。


スポンサーリンク

そもそもなんで不妊手術が必要なの?

そもそもどうして不妊手術が必要なのでしょう?そこにはいくつかの大切な理由があります。

① 病気の予防

ナナ
んにゃ…。

 

まずは女の子の場合ですが、特に注意が必要です。

女の子特有の病気には命に関わるような危険度の高い重大な病気があります。

子宮内膜症子宮蓄膿症、あとはいわゆる乳がん(乳腺の腫瘍)など、それ以外にも直接卵巣に起こる病気が挙げられます

これらは本当に怖い病気ですので最大限の注意が必要です。

しかし「避妊手術」さえ、ちゃんとしておけば、こんな重篤な症状に陥りやすい疾患を未然に防ぐことが出来るんです。

避妊手術は非常に大切なことです。飼い主の「面倒くさい」や「大丈夫でしょ」などの勝手な理由、理屈で受けさせないのは論外です。身勝手な飼い主は本当の意味での飼い主ではありません。必ず受けさせてあげてください。

 

次に男の子の場合ですが、精巣を取ってしまうわけですから、そこに関する疾患の予防にももちろんなるのですが、去勢手術をすると性格自体が穏やかになる場合が非常に多いです。つまり外に出す猫は特にケンカの心配が無くなるわけですね。そうすると引っ掻き傷などによる感染症のリスクがかなり軽減出来るんです。

せぶ
…。

 

もちろん家猫の場合もきちんと受けさせてあげてくださいね。

② 望まない妊娠、繁殖を避ける

次に「望まない妊娠、繁殖を避ける」ということが挙げられます。これも本当に重要なことになります。

なぜなら

「殺処分」に直結してしまう話だからです。

避妊手術をしていない女の子を好きなように行動させてしまうと、飼い主の知らないところで妊娠し大量の子猫を産んでしまいます。外で産み落とされてしまうと、もちろん捕まって殺処分。家で産んでもバカな飼い主が飼いきれなくて殺処分。信じられないほど残酷な話が現実に起きているんです。

また、男の子も同じです。去勢手術をしないで外に出すということは、外で子猫がたくさん産まれてる可能性があります。

この手の殺処分は、飼い主の責任においてほぼ100%防ぐことが可能です。

猫を飼うということに責任を持ちましょう。

不妊手術のデメリットは?

不妊手術のデメリットもお話しておきます。

何と言っても「麻酔のリスク」です。当然、手術は全身麻酔で行われるわけですから、そこのリスクは少なからずあります。

とは言いつつも、まともな獣医にかかれば、そうそう事故は起きません。手術時の体重や、術前にごはんを与えないなど対策はいくつかあるので、獣医とよく相談しながら進めてください。

もうひとつ。あたりまえですが女の子の場合、可哀相ではありますが出産は出来なくなります。ただし不妊手術には上述の通り大きなメリットがありますので必ず受けさせてください。

あと、個体差はありますが非常に太りやすくなります。しっかりと運動をさせましょう。

ちなみにウチの猫たちはぜんぜん太りませんでしたが、先代の猫はめちゃめちゃおデブでした。


スポンサーリンク

手術時期は生後どれくらい?費用は?

次に手術の時期ですが、優しくて猫想いの飼い主さんほど「早く受けさせなきゃ」なんて思いがちです。

しかし「早ければ早いほどいい」は間違いです。ある程度は成長してからでないと麻酔などにも耐えられません。

 

成長スピード(体重の増加)には個体差があります。時期に関しては獣医とよく相談してください。あくまで一般的な目安ですが、♂は生後半年から10ヶ月、♀は生後半年から8ヶ月と言われてます。

 

不妊手術の費用なのですが、これは動物病院によってマチマチです。

こちらも目安ですが、♂はだいたい15000円〜2万程度、♀は3万程度となってます。

事前の健康診断を行う病院もあるので一概には言えませんが、参考までに。

やはり保険が効きませんので、やや高い印象ですが必ず受けさせるようにしましょう。

この辺の手術費用も含めて、猫を飼うに当たっては金銭面もしっかりと考えておいてくださいね。

まとめ

不妊手術は猫ちゃんにとって非常に大切なことです。寿命にも直結します。

よほどの理由がない限りは是非受けさせてくださいね。

ではまた^^

トップページ