あし

スポンサーリンク




こんにちは、オタ助です。

今日はですね、「足裏に溜まった老廃物」についてお話していきますね。

老廃物…!なんかコワい名前ね…。

 

たしかに名前だけ見るとコワいですよね。笑

ジツは足裏っていうのは「第2の心臓」なんて呼ばれているの知ってます?

なんとあの狭い範囲にツボが60個もあるんですよ!

足裏を「ぐっ」と押してみて痛い箇所があれば、そこと通じている内臓などの調子が悪いなんて言われてますよね。(西洋医学的には根拠がないそうですが…。)

知ってる!肩こりとか頭痛にも効くのよね!

 

そんな足裏をグリグリするマッサージには長い歴史と伝統あるんですけど、それには理由があるんです。

特に現代人はその文明の発展によって昔の人より圧倒的に歩く量が少ないですからね。どうしても足裏に老廃物が溜まりやすくなってしまうんです。

そんな溜まってしまった老廃物をしっかり排出していくにはどうしたらいいのでしょうか。

そのあたりを詳しく掘り下げていきましょうね。

これであなたも足裏マスターズの仲間入りですよ!(←入りたくないよー。)

ではさっそくレッツゴーです。


スポンサーリンク

老廃物はどうして足裏に溜まっちゃうの?

どうして老廃物は足裏に溜まっちゃうの?

 

はい。まずはそこですよね。

地球には「重力」というものがあります。液体の中に溶けきらない重いモノは当然下の方で沈殿してしまいますね。

つまり老廃物というのは血液やリンパ液よりも重いので、身体で最も低い位置にある足裏に溜まってしまうわけなんです。

また、足裏っていうのは心臓から一番遠い位置にあります。

身体のポンプである心臓から一番遠い足裏まで、血液を送るチカラがうまく伝わらないことがあるため、そんなときに血の流れも滞りがちになってしまうんですね。

流れが滞ってしまうと老廃物を回収したり排出することが出来なくなってしまい、どんどんどんどん蓄積されていってしまうんです。

そうなんだーっ

 

前述しましたが、昔の人に比べて現代人はあまり歩かなくなってしまいました。

歩くという行為は足の裏を刺激しますからね。血液やリンパ液を押し流すのを助けてくれる役割があるんです。

あとジツは、最近の高機能な靴も足裏に老廃物が溜まってしまうことに影響していると言われています。最近の靴はクッション性が高いですからね。足裏に刺激が伝わらないそうですよ。

膝や腰への負担は軽いですが思わぬところで副作用が出てしまった形です。

ですので家の中では出来るだけ素足で過ごして、足裏に刺激を与えてあげましょうね。

溜まっちゃった老廃物はどうすればいいの?

どうしたってある程度の老廃物はだれにでも溜まってしまうものです。

溜めないことを考えるのはちょっと難しいですので、溜まってしまった老廃物をどうやって取り除くのかを考えたほうがいいです。

どうしたらいいの?

 

まずは前述の通り「歩く」ということが効果的です。

しっかりと正しい姿勢を保ってたくさん歩くように心がけてください。

 

そして、もうひとつ有効な方法は「温める」ということです。

平たく言えば「足湯」ですね。

熱めのお湯(42〜43度)にふくらはぎまで入れて、最低20分は温めます。こうすることで血行を促進し、老廃物の排出を促してくれるんですね。始める前に白湯を1杯飲んでおきましょう。

足湯でしっかり温めて血行が良くなったところで足裏を丁寧にほぐして老廃物のカタマリを取り除いてあげてくださいね。

 

長い時間お風呂場に居るというのが億劫な人はこれをつかってみてください。ウチの嫁が使ってます。けっこう良いみたいですよ。お湯を使わないので寝っ転がっても大丈夫です。
【送料無料】アサヒ AY-2022N ぽかぽか足湯DX [脚温器]

 

これであなたも足裏の老廃物から解放されちゃいますね!

 


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

本日は「足裏の老廃物」と「その老廃物の取り除きかた」についてお話してきました。

足裏の老廃物を取り除くと本当にスッキリしますからね!

ぜひやってみてください!

ではまた^^


トップページ